もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS タクティクスオウガ 《プレイメモ その9》

<<   作成日時 : 2011/03/08 19:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆タクティクスオウガ
※ネタバレあり

タクティクスオウガ 運命の輪 特典 オリジナルタロットカード付き
スクウェア・エニックス
2010-11-11


Amazonアソシエイト by タクティクスオウガ 運命の輪 特典 オリジナルタロットカード付き の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




プレイメモその9。
第四章に突入したところです。
固有キャラが続々加入して嬉しいのに、育成してる暇が



【ストーリー】
覇王の娘ベルサリア・オヴェリス。戦乱に疲れ果てた民にとっては救世主の登場ですが、それでも依然として暗黒騎士団は闊歩しています。下手な状況で、民族融和を成す事は難しいと考えたデニムは、日増しに勢力を拡大するフィラーハ教団の元へと足を運びます。

デニムのグラが、かっこよくなってるー!しかもドット絵までパワーアップ!地味な村人っぽかったのに、今じゃ、RPGの勇者のようなドット絵です。ふおおおおこれは良い感じ黒装束のカチュア姉さんも良かったけれど、それとは対照的な白を基調としたデザインが、デニムらしくて、魅力的です


古都ライムの監獄では、2人のランスロットが対話を交わしてました。強者と弱者の差を理解し、民衆の身勝手さを語る暗黒騎士ランスロットと、人の持つ可能性を信じ、民衆にとっての自由を語る聖騎士ランスロット。どちらも真理であるが故に、決して交わらない言葉は、平行線を辿るばかりです…。

むふー…。タクティクスオウガでも、やはり、この手の舌戦がありますか。人の持つ無限の可能性を信じる聖騎士ランスロットに、主人公の格を幻視しました。なんで、そこまで信じぬけるのさ; 個人的には、暗黒騎士ランスロットの言葉の方が的を得ている感じてしまうので、だからこそ、人を信じる事の出来る強さを持った聖騎士ランスロットやデニムの心の在り様に、感動させられます。ふおお


フィラーハ教団の元へと向かったデニムは、思いもよらぬところで、父ブランシーと再会します。そして、衰弱しきった父の口から聞かされた姉カチュアの出自とドルガルア王の遺産の話は、デニムの決心をより強固なものにします。絶対にカチュアを救い出す、と。

せっかく会えたのに、お父さんがお亡くなりに…。しかも、バクラムの摂政は親族だわ、自分はバクラム人だわ、セリエやシスティーナとは、実は幼い頃からの知り合いだったわと、数々の衝撃の事実が明らかになり、デニムの信じていた前提現実が、揺らぎまくります。なんですか、この展開 しかし、デニムの心は折れませんでした。なぜなら、民族や家柄なんかで差別される世の中をどうにかしたいという、デニムの理想にとって、自身の出自など関係無いからです。オリビアの言葉を胸に、真っ直ぐ歩いていけるデニム、やはりラムザを思い出します ていうか、オリビア。まさかの、幼馴染ポジション!まさか、デニム×オリビアですか!?むふー!全然、アリですよ?(笑)


父の遺言通り、大神官モルーバと合流したデニム達。民族の垣根を越え、ヴァレリア人として団結するというデニムの言葉に未来を見たのか、モルーバは同行を承諾しました。モルーバを傘下に迎え入れたデニム率いる解放軍は、王女救出の為、バクラム制圧下の地へと進軍します。

オリビアの登場だけで十分びっくりしたのに、シェリーまで登場!まさかの4姉妹疑惑!システィーナとセリエ姉さんだけじゃないのですね4人全員使おうと思ったら、相当枠が必要なのですけれど。君は僕に似ているなシスティーナと、ラブコメパワー全快な同い年幼馴染オリビアが当然確実かも?いや、美少女っぷりが際立つセリエも。そうすると、シェリーも使わないといけないような。うーん、全員使う?


バクラム制圧下の地へ向かう前に、ウォーレンのお見舞いに赴くデニム。なぜ、ヴァレリア島へやってきたのか。ランスロット率いる聖騎士一行の真意を知る為です。はじめははぐらかすウォーレンでしたが、デニムのヴァレリア統一のにかける意志が伝わったのか、事の顛末を話してくれました。

ゼノビアの至宝、聖剣ブリュンヒルドの奪還。それが、ランスロット達の真の目的…。ていうか、聖王トリスタンって誰ですか。ものすごい、主人公オーラ出てるのですけれど。まさか前作主人公!?と思って軽く調べてみたら、違うみたいでした。むふー。前作主人公は、どこ行っちゃったんですか。気になる。


立ち塞がる敵を次々と撃退し、バーシニア城へと到着したデニム率いる双竜騎士団は、城での激戦の末、ローディスの猛者、暗黒騎士団をも倒して、王女カチュアを救出します。今や、公的な身分が大きく違う姉弟ですが、再会を果たしたデニムとカチュアは、デニムの必死の説得もあり、和解します。

「僕は姉さんを愛してる!」。キメました。デニム、キメてくれました。離れ離れだった家族が、今ひとつになってふおおおおちゃんと騎士団に加入もしてくれたし、色んな意味でメデタシ。異性愛じゃなくて家族愛な雰囲気なのが、残念極まりないですけど、我慢、我慢


王女として双竜騎士団との共闘を、公式に宣言するカチュア。ヴァレリア統一の為、バクラムとの最終決戦をも宣言します。その宣言に呼応し、戦の準備を整えた双竜騎士団は、ハイム城へ進軍。摂政ブランタとの最後の戦いを開始します。

王女っぷりが凛々しいカチュア姉さんに感動しつつ、ブランタとの最終決戦。ブランタ叔父さん。この期に及んで、一緒に世界征服しようとなんて言葉が口から出ちゃうあたり、小物なキャラの枠を抜け切れません。けっこうなやり手のハズなんですけど。何の信念も感じられないボスって、やっぱ残念ですね 己の中に、しっかりとした軸のある敵、ランスロット・タルタロスは、裏方というか、シリーズ全体を通した謎の描写の方で忙しいのか、まともに戦う気無いですし…。ラスボスは、どなたが勤めるのですかっ。


摂政ブランタを倒し、ついに平和を勝ち取った双騎士団とベルサリア王女。ウォルスタでも、バクラムでも、ガルカスタンでも無く、同じ島に暮らすヴァレリア人として、共に生きていく、生きていける国がついにヴァレリア島に誕生です。

統一国家の誕生!いかにも戦争モノらしい綺麗な着地点ですが、まだ物語は続く様子。ブリュンヒルドを奪って逃げたバルバスなどの、暗黒騎士団の離反組が、空中庭園なる場所に立て篭もってるとかなんとか。ランスロット・タルタロスならともかく、バルバスじゃ、色々と物足りないような。アンドラスなら、ちょっとイイ感じですけど。



【結び】
そろそろ終わるー!久々のプレイ日記更新ですが、ゴールは近いのです。カチュア姉さんの育成が終わり次第、空中庭園へ向かおうと思います。手元に攻略本があるので、次がラストダンジョンなのは判明しているのですよふはははは!←笑われても

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
タクティクスオウガ 《プレイメモ その9》 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる