もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS タクティクスオウガ 《プレイメモ その7》

<<   作成日時 : 2011/01/19 01:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

☆タクティクスオウガ
※ネタバレあり

タクティクスオウガ 運命の輪 特典 オリジナルタロットカード付き
スクウェア・エニックス
2010-11-11


Amazonアソシエイト by タクティクスオウガ 運命の輪 特典 オリジナルタロットカード付き の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




プレイメモその7。
久々のタクティクスオウガ。
カチュア姉さんとの別れから、はや(リアルで)数ヶ月。
スト−リーを進めました。



【ストーリー】
屍術士カサンドラ、屍術士モルドバ。2人の家族を失ったクレシダはデニムを討とうと決起しますが、姉の婚約者であるディダーロに説得され、父ニバスの元へと帰還します。そして、騎士ディダーロは、クレシダを逃がす事に成功すると、デニム達に戦いを挑みます。負ける事を知りながら…。

デニムとの遭遇戦は勿論、大局的にみて戦争も敗北必至で、かつ民の心が離れている事を理解しながらも、騎士道に準じるその姿。騎士ディダーロ…失うには惜しい逸材でした。彼ほどの人格者が、ザエボスなんかの命令に服しなければならない不条理が、戦争の悲劇


いつの日か、我らの名誉と誇りを継ぐ子を生んで欲しい。デニム率いる騎士団がブリガンデス城の外郭を攻めている一方で、城内では、ザエボス将軍が死の覚悟を決めていました。全ては祖国ガルガスタンの為にと、ニバスとクレシダを逃がす為に行動を起こします。

ザエボスさん、すみません…誤解してました。国の為と言いながら私服を肥やすタイプだと思ってましたが、違いました。方法に大きな問題はあれども、それは自分の為ではなく自国の為。敗戦必至の状況でも抗戦出来る、一本芯の通った人だったのです。謝罪して訂正します


城内決戦。デニムはついに、ザエボス率いるガルカスタンの抗戦派を討ちます。そして、ガルカスタンの難民を解放した彼は、自らの覚悟を語りました。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


ふおおおおデニムふおおおおおお!!!民族紛争の源を見抜いた上で、それを解決する為に力を尽くす事を厭わない!!!素晴らしい決意表明…!!!

画像
画像
画像


ついに完璧な形として掴んだ、自分だけの戦う理由。それを持つからこそ伝わってくる、確固たる意志力。言葉の端々から指導者としての、権力を得る事を目的とした人には無い、真っ直ぐな気持ちが溢れてます。完全にストーリーが終盤に突入しましたね



【結び】
転職証が欲しいのに手に入らない
ソードマスターと忍者のが欲しいのですけど。
どうしたものやら




メモ:選んだ選択肢
1.どうか僕らをお許し下さい。
  ↓
1.是非とも力をお貸しください。
  ↓
2.ふざけるな!
  ↓
1.いずれにせよ放ってはおけない
  ↓
2.真の平和のため
  ↓
1.姉さん、今はよそう。
  ↓
2.馬鹿なことはやめるんだ!
  ↓
1.お手伝いしましょう。
  ↓
1.一緒に行こう、システィーナ
  ↓
2.それは絶対に出来ない。
  ↓
1.僕を置いていくのかい?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オブデロード一族の女たち 〜クレシダ・デビュー
モルドバを倒したところで・・・、モルドバとクレシダのご登場です。主人公のクレシダが、やっと登場!! わー、かっこいい。初めて間近で見ましたw 自画自賛で恐縮ですが、「三角帽子と権威の外套」の紫と、手に持つ扇が西太后っぽくてお洒落だと思いませんか? 気になるクレシダの初期値と成長率。 えっ? このネクラ顔で肉体系女子? INT10のMEN2ってバカなの? という能力値ですが、クレシダこそが待ちに待った待望の最強魔法使いの設定になってます。INT9、MEN9の成長率はヤバいよ。これ。今の時点で予想す... ...続きを見る
投資一族のブログ
2013/09/10 21:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
タクティクスオウガ 《プレイメモ その7》 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる