黒執事II 《1~12話 視聴完了》

☆黒執事
※ネタバレあり

黒執事 II 2 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス
2010-10-27


Amazonアソシエイト by 黒執事 II 2 【完全生産限定版】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




黒執事IIを全話観ました。
1クールという短さに寂しさを感じつつも、短いゆえのテンポの良さを楽しめかとも思います。以下、一言感想。



・シエル
画像



悪魔との契約の証。
それを瞳に宿すシエルが、なんと悪魔そのものに…ッ!
ふおおおお、こうキタかー!
契約にせよ、寿命にせよ。必ず来る終わりが定められていた2人の主従関係。それを、シエルの悪魔化という形にもっていくことによって、永遠に続く美に昇華するとは…!!!

決して終わらない夢。いつまでも続く希望。その可能性を非常に強い形でもたらしてくれる、この結末、大歓迎しますよっ仮に黒執事IIIが100年後、200年後を舞台にした物語だとしても、シエルとセバスチャンの変わらぬ姿を拝めるって寸法ですよ!またそこに、新たな人間ドラマが生まれてくるってわけですよ!
うへへ、わかってるじゃないですかスタッフ様。これが果てない夢の形…むふふふふ←キモイです



・セバスチャン
画像



完璧超人セバスチャン。
望むモノ全てを手に入れてきた(であろう)彼が手に入れた永遠の呪縛。それがシエルとの絆。喰らおうにも喰らえない状況の中、この先の2人にどんな変化が訪れるのか。いろいろと想像心が刺激されます。ご褒美のニンジン無しでも、変わらぬ絆を維持することが…築くことが出来るのか。「悪魔に仕える悪魔」としての永遠の生に、どんな喜びを見出すのか。セバスチャンの心境が気になります。最後の方、ぜんぜん笑ってませんでしらからね彼。あの底知れない余裕を感じさせる笑顔を、もう1度観たいなー



・アロイス
画像



II期主人公…でいいんでしょうか。
アロイスには幸せになって欲しかったなー……。確かに歪んではいたけれども、それは純粋だからこそのモノだったので、全然憎めませんでした。最期に永遠の愛を手に入れたのかもしれませんが、やはりそこは生きてこその幸せをみせて欲しかったというか…。ただ愛されたいだけなのに、全てが空回りしてすれ違っていく。ハンナとルカの想いを知った今なら、痛みを知っている分、どこまでも高みに至れる少年なのに、この結末……はぁ、やるせない;



・結び
画像



非常に質の高い世界観、楽しませてもらいました。
少年と悪魔の主従関係が描かれた、この独特の世界観。脳内からこれを捻り出せる人ってホントに凄い。どんな人生送ればこの発想が出てくるんでしょうか…。

新主人公を主軸に、シエルとセバスチャンをサブ軸に据えた次回作が観たいです。この世界観、2作で終わらせるには惜しすぎます…っ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック