もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS デート・ア・ライブ 7巻

<<   作成日時 : 2013/08/24 17:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆デート・ア・ライブ
※ネタバレあり

デート・ア・ライブ7 美九トゥルース (富士見ファンタジア文庫)
富士見書房
2013-03-19
橘 公司


Amazonアソシエイト by デート・ア・ライブ7  美九トゥルース (富士見ファンタジア文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



デート・ア・ライブの7巻を読みました。


【一言感想】
シドー
「そんなの関係あるか!何度でも言ってやるよ!おまえはずっと、おまえを肯定しかしない人間に囲まれていたから、生の人間と会話するのが怖いんだ!でも――それだけ人間を拒絶しながら、心のどこかでは、ちゃんと話をしたいって思ってたはずだ!」


DEMインダストリーの日本支社を強襲したシドー達。そこで美九の口から語られた彼女の過去は、筆舌に尽くし難いものでした。思わず憤りを覚えるシドーですが、しかし、だからといって現在の美九を肯定するようなことはしませんでした。彼女を真に想うからこそ、あえて耳の痛くなる言葉を投げかけました。

覚醒トウカ
「私の身を縛ろうとは。身の程を知れ」


シドーの言葉に耳を貸さないミクに暴走した十香の斬撃が迫ります。その威力と速度は圧倒的で、もはや抗うことは敵いません。一瞬先に待つのは死です。しかし、美九は特に怯えることはありませんでした。なぜなら生きることを諦めていたからです。

自分には“歌”しかない、だから“歌”を失った以上、自分に価値なんて無い…。そんな絶望の淵に沈む彼女の前に訪れたのは…

シドー
「よう……美九、無事か?」
美九
「ぁにを、やっぇ――」
シドー
「約束――したからな」


己の身を省みずに、命懸けで美九を守るシドーの姿でした。

無価値になったはずの自分を、あんな小さな約束なんかで守ってくれた…。

目の前の事実を心から理解した美九は、静かに涙を流しました。

美九
「!来てくれたんですね、だーりんっ!」


事件終息後、シドーの前に現れたのは態度が変化したミクでした。その姿はベタ惚れといっても過言ではなく、言葉の端々からシドーに対する好意と絶対的な信頼が伝わってきます。

美九
『ありがとう……ございます、だーりん……大好き……っ!』


美九は自ら、精霊の力をシドーに明け渡しました。もう必要ないからです。たとえ歌えなくなっても、誰もがそっぽをむいても、シドーだけは自分のファンでいてくれる。そんな絶大な安心感が、今の美九にはあります。
------------------------------------------------
・この上なく絶望的な状況だった6巻ですが、7巻で見事に逆転してくれました。敵対している狂三と美九との同盟、マナとオリガミの増援、<サンダルフォン><ザドキエル><イフリート>の力を駆使するシドー。いずれも、とても盛り上がりました。こういう熱い展開を待っていたのだよー!

・力が反転して魔王と化した十香、圧倒的でしたね。もとよりトリプルAランクなのに、さらに覚醒するとかどんだけですか。天井知らずに強くなっていきます。これがメインヒロインの実力ってやつか…!!!

・しかし、前述のまとめでおわかりの通り、私が今回最も心打たれたのは美九です!彼女の悲しい過去と、それを乗り越えることによって生まれたシドーとの絆に涙しました; やばいですデレっぷりが可愛い過ぎてやばいですキュン死しちゃうこのままじゃキュン死しちゃう!

・あ、精霊の力を使いこなしはじめてるシドーにも感動しました。いずれくるであろう、DEM社との決戦の際には、ぜひ世界最高ランクの戦闘力を身につけていて欲しいと思います。まる。



【結び】
超おもしろかったです。今までで1番おもしろかったのはもちろん、私の中での作品ランクが上がるほどおもしろかったです。

何がイイって、今回は超シリアス路線なんですよ。感動系の過去話と熱いバトルがあって、まさにファンタジーの王道でした。

こんな感じて次回以降も続けて欲しいな…?(チラッ



【結び2】
ゲマ購入なので特製ブックカバーをGETしています。絵柄はニッコリ笑顔の十香なんですが、これは描き下ろしでしょうか。いつかのDMあたりで見たような、見てないような…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
デート・ア・ライブ 7巻 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる