もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS 白騎士物語 光と闇の覚醒 《クリア》

<<   作成日時 : 2012/07/20 06:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆白騎士物語
※ネタバレあり

白騎士物語 -光と闇の覚醒-
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2010-07-08


Amazonアソシエイト by 白騎士物語 -光と闇の覚醒- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



プレイ開始から2年と半年…
ついにクリアしたし…ッ!
総プレイタイム31時間40分


【一言感想】
○ストーリー
太陽王との決戦から1年…。復興の兆しがみられるバランドール王国は、ついにイシュレニア帝国との決着をつけるべく行動を本格化させました。その中心となったのは、白騎士の契約者レナード。レナードは各地を巡り、イシュレニア打倒へ向けて戦力を整えます。エルドア、ユウリ、シーザー、カーラ、アバター。かつての仲間達が再びレナードの下に集いました。過去の試練を乗り越え、より強く成長して。

戦力を結集させたレナード達はバランドール王国女王シズナの指揮のもと、軍と協力して世界征服を推し進めるイシュレニア帝国に、決戦を挑みます。持てる力を振り絞ったバランドール連合軍は、多大な犠牲を出しながらも、レッドホーン島を制圧しました。世界に平和が訪れた…。そう思ったのも、束の間。突如、巨大な要塞が現れました。「移動要塞ガルマンタ」です。

イシュレニア帝国の切り札ともいえるそれは、強大無比な存在。超巨大生物デミトールが命を懸けても、時間稼ぎにしかならないほどです。事態を重くみたレナードは、即座にこれに対処します。騎士契約者達とミューレアスの生まれ変わりであるシズナによる強襲です。

太陽王、黒騎士、クライブ、そして皇帝マドラス…。要塞内部で待ち構えていた帝国最強を誇る敵に苦戦を余儀なくされるレナード達ですが、世界に平和をもたらす為に死力を尽くした結果、勝利をおさめました。太古の時代から続く長きに渡る戦乱に、真の幕が下ろされたのでした。
--------------------------------------------------
剣と魔法の王道ファンタジーで戦記モノ!前作に引き続き安定のコンセプト!これよこれ!これを待っていたのですよ!昨今逆に珍しいこの世界観、ファンタジーファンとして純粋に嬉しいです。咽び泣いたよ(´;ω;`)

古の鼓動、ドグマ戦記、DOGMA WARS。シリーズ全作を追っているので、全ての終着点たる本作の結末は感慨深いことこの上ないのです。全ての結末が、今ここに!

…といっても、マドラス皇帝。生きてるんですよね。しかも、古の都ヴェルダガンダを蘇えらせたりしてます。本当の結末は、オンラインパートでということでしょうか。

むふー。激しくストーリーが気になりますが、オンラインをやるとなると膨大な時間が必要なわけで中々に厳しい…。でも気になる。でも時間が…。あうあう。

○戦闘システム
前作やPSP版と同じリアルタイムコマンド型戦闘システムです。ACを利用したコンボ、騎士への変身などお馴染みの独自要素も健在です。RPGらしいコマンド型戦闘が大好物なので、白騎士シリーズはとても好印象です。楽しすぎる!

難易度が前作よりも、そして次回作(PSP版)よりも上がっています。ボス戦は何度も全滅してしまう難しさで、シリーズ最高難易度と言って間違いありません。やり込み甲斐があって燃えます。ごごごご。

○キャラ育成
・Lv上げ
・スキル取得
・装備品の合成

いずれもオンラインパートと共有している為か、やり込み甲斐があります。装備品の合成がお気に入りです。装備品によって見た目のグラフィックが変化する為、好みの装備品を作ろうと自然とテンションが上がります。見た目と性能のどちらを優先するかで迷ったりするのが、また楽しいのです。むふふw

しかし、やはり1番はLv上げ!大量の雑魚を倒してチマチマと経験値を稼ぎ、努力の結果強くなる!この快感に勝るものはありません。RPGの醍醐味です(* ̄m ̄)

○グラフィック
超美麗!一級品です。流石にFFシリーズには負けるものの、PS3の性能を活かしたキャラモデリングやMAPは思わず目を奪われるレベルです。ご満悦♪

○ロード
早めです。戦闘もイベントシーンの切り替えも全て早く、ストレスを感じるほど待たされることはありませんでした。ただ、セーブする時だけ妙に時間がかかったので、そこはマイナスですね。

○BGM
基本的には場を盛り上げる程度で記憶に残るレベルではないのですが、マイタウンの曲とボス戦時の曲は格別でした。いずれも記憶に残る、素敵曲です♪

○最終PT
Lv48 レナード
Lv57 アバター
Lv57 ユウリ
Lv56 シーザー
Lv55 エルドア
Lv54 カーラ

青字がレギュラーの3人で緑字は補欠です。終盤の長期離脱によりレナードだけLvが低いのが残念です。単純に戦力不足ですし、何より見栄えが悪い。主人公らしく贔屓したかったのだけれど。

もうひとりの主人公というべき存在“アバター”。レナード長期離脱のこともあり、1番贔屓して使ってました。前作に引き続き大剣をブンブン振り回して超火力で活躍してくれました。

ユウリはPT唯一の支援役です。弓装備で後方から回復をこなしてくれました。「精霊の歌」でMPを回復できるのが非常に便利でした。縁の下の力持ちとはまさに彼女のことです。



【結び】
長く続いた白騎士シリーズもこれにて完結!とても堪能させてもらいました。

ストーリーはクリアしましたが、プレイはまだまだ続けます。マドラス皇帝を撃破するのが夢ですもの。ここでやめるわけにはいかないのですよ!ふおおお!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
白騎士物語 光と闇の覚醒 《クリア》 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる