もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS トリニティ・ユニバース 《クリア》

<<   作成日時 : 2012/03/21 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆トリニティ・ユニバース
※ネタバレあり

トリニティ・ユニバース(通常版)
アイディアファクトリー
2009-10-01


Amazonアソシエイト by トリニティ・ユニバース(通常版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




クリアー!!!
選択主人公は犬魔王カナタ。
トゥルーエンドです。


【ストーリー】
犬魔王カナタ。彼は宇宙魔界を治める魔王の息子として生まれ、いずれは「大魔玉」と呼ばれる“漂流物から宇宙魔界を護る存在”になるべく運命付けられた少年です。しかし、彼はその運命を拒否しました。指導役のツバキと共に、《大魔玉》になる儀式の最中に逃げ出したのです。

天真爛漫で純粋無垢。魔王という肩書きがまるで似つかわしくありませんが、自由になったカナタは、昔からの夢である“冒険”をはじめます。城下町の探索や食べ歩きなど、好奇心の赴くままに行動します。特に《漂流物》の探索がカナタのお気に入り。魔物との戦いや、宝物の発見など憧れの世界がそこに広がっているからです。

しかも、全ての漂流物を流れ着く端から、宇宙へ流せば、漂流物は街へ落ちないので、《大魔玉》が無くとも、宇宙魔界を護ることが出来るのでした。自身の使命と好奇心を同時に満たせる、まさに一石二鳥の方法。カナタは笑顔で漂流物の重力場破壊に勤しみます。

宇宙海賊、アイドル暗殺者、マナグラフィッカー、トレシャーハンター。そして、女神…。カナタは多くの仲間と出会い、共に冒険に赴くことによって、絆を育んでいきます。カナタを強制的に城に連れ戻し、儀式を進めようとするスザクも、カナタと仲間達の力の前には抗うこと叶わず、その目的を達することは出来ませんでした。揺るがぬ意思で、自分なりの手段を貫くカナタの前に敗れたのです。

しかし、ある日のこと。突如、宇宙に巨大な“穴”が出現します。全てを飲み込むかに思えるそれは、さながら宇宙の終焉のよう。何か良くない事が起きるのでは…?異常なほど流れ着く漂流物のこともあり、破滅の予感を感じたカナタ達は、大魔玉となったシュテンに事情を聞く為、魔王城へと乗り込みます。

魔王城ではスザクが待ち構えていました。妖魔族の誇りの為、「阿修羅の道」への扉を開く。これがスザクの目的です。扉を開く為には、莫大なエネルギーが必要なので、大魔玉を破壊することによってそのエネルギーを生み出すつもりです。大魔玉破壊による余波は、城下町はもちろん、宇宙魔界そのものが壊滅するかもしれません。この事態を見過ごせないカナタは、仲間達と共にスザクを打倒します。

スザクの“穴”による異変を食い止めたカナタは、リゼリアによって封印されていた父シュテンと再会。シュテンは告げます。今すぐ自分を破壊しろ、と。長年、漂流物から宇宙魔界を守ってきたからでしょうか。シュテンの体は もはや限界でした。体の崩壊による余波で城下町を傷つけないようにする為には、今すぐ自分を倒させるしかありません。

父を倒す重責を突然背負わされたカナタは衝撃を受けるも、大魔王としての責務を自覚したのか、拒むことなく、父殺しを成し遂げます。全ては、宇宙魔界の為に。そこで暮らす人々の為に…。

そんなカナタの勇姿に心動かされたのでしょうか。スザクは、新たな大魔玉となろうとするカナタを押し止め、灯篭ドラゴンの魔力をもって、自身が新たな大魔玉となります。カナタなら宇宙魔界を統治できる。そう信じて…。

はからずも宇宙魔界の危機を納めるに至ったカナタは、大魔王として宇宙魔界を立派に治める日々を送ります。そして一方で、組織を抜けたリゼリアと共に、今日も漂流物に乗り込み、大冒険を楽しんでいるのでした。

終幕。
-----------------------------------------------------
犬魔王カナタは、自由と冒険を愛する生粋の夢追い人!天真爛漫で純粋無垢!誰も見たことのない世界を求めて、怖れを知らずに突き進む。変に、斜に構えていないところも素敵です。曲がらない優しさが何よりかっこいいんだよ♪その優しさと純粋な心があったから、対立していたリゼリアの心の動いたんだよ。誇るべき心!

犬魔王カナタ編ヒロインのツバキ。彼女の真の目的は宇宙魔界を裏から操ることでしたが、シリアスで路線はなくギャグ路線だったらしく、本編には大して影響がありませんでした。凄い意味深だったのに、結局、笑いのオチとして使われるだけって、肩透かし過ぎませんか。ぷりぷり。

敵側スザクの目的が、はっきりとは分りませんでした。阿修羅への道とは何なのか。その道を開くことによって何が起きるのか。具体的な説明が全くありません。トゥルーエンドとはいえ真ルートでは無いので、仕方ないのかなー…。

もうひとりの主人公リゼリア。なぜ漂流物が流れてくるのか。そもそも、どこから流れてくるのか。宇宙魔界の謎に迫るのが、リゼリアの役目。カナタ編では深く語られなかったそれを知りたいと思ったら、リゼリア編でのプレイが必須のようです。次周はもちろん、リゼリア編で決定!そしてリゼリア編で、夢のドリームPTを結成する野望あり! カナタ、リゼリア、ルキウス、エトナ。この4人による最愛編成を2周目で達成してやるし



【一言感想】
戦闘システムは“クロスエッジ”の応用形。□×△の3つのボタンを組み合わせて攻撃を繰り出す、ターン制のコマンドバトルです。単純ながら、これが楽しいのなんのって♪次々と技を繰り出して、最終的に4人連携を決めた時の爽快感ったらありません!連携時の掛け声から感じる絆♪強敵を連携で屠る快感♪ふおおおカナタと愉快な仲間達ばんざいー!

ロードは普通。インストールしても、戦闘開始前に4秒ほどロード時間があるので、これがネックかなー。戦闘をひたすら繰り返すゲームなのに、ここで毎回時間かかると、長時間プレイしている時にストレスを感じます、それ以外は快適に読みこんでくれるので、トータルすると普通。

グラフィックは上々。アニメ調のデフォルメ系3Dモデリングとしては、良い感じのクオリティかと思われます。動きも表情も悪くありません。戦闘時の技モーションが全体的にスピーディでかっこよく、満足しました。“クロスエッジ”以降、IF様の技演出は一皮剥けた気がします。もっとも、“クロスエッジ”のようにドット絵にしてくれた方が、何百倍もイイのですけど。

演出といえば会話パートの演出も気に入りました。時折、テキストなしで一枚絵のみが表示され、そこに音声が加わってストーリーが進行するのですが、これ素敵!下手なアニメよりも想像力を刺激されて楽しめました♪

BGMは可もなく不可もなく。ポジティブで明るい雰囲気にしてくれる、作品のテーマに合った選曲です。しかし、記憶に残ったり感動したり燃えたりはしません。場の雰囲気に合ってる程度です。ただ、テーマソングのボーカル曲はイイ感じですよ!ぶっ飛んでるしゃいにんすたー♪はじけるひーかりー♪あっとうてき、しょうどうの〜♪

お待ちかねの育成要素は、安定のハイクオリティ!Lv上げ、装備合成、プラネットリング、闘技場など。キャラ育成の手段が豊富にあって、チマチマと好きキャラを育てるのが病み付きになります。うへへw

ただ育成できるだけでなく、育成したキャラの腕試しの場があるのが何より素晴らしい!パチパチ!次々と流れ着いてくる高Lvの漂流物(ダンジョン)を探索したり、時間経過で現れる破格のボスキャラと戦ったり!もちろん、クリア後には本編以上の強敵である隠しボスとも戦える!良い意味で終わりが見えません。

育成→強敵とのバトル→育成→強敵とのバトル→育成…。この、終わらない育成スパイラルがソウルズシリーズとその派生作品の醍醐味だよ!むふふww

ダンジョン探索が楽しい♪レアアイテムを拾った時の感動…。強敵を倒した時の快感…。RPGの根っこの部分にある大切な要素を味わえました。特に、重力場崩壊中にピカピカ光るアイテムを収集する時の興奮ったらありません。あと少し、あと少しだけ。レアイテム欲しいからあと少しだけ…って漂流じゃー!うぎゃー!みたいなw

唯一、酷いと思ったのはバグの存在。やり込みが魅力の本作なのに、その魅力を大幅に損なう致命的なバグがあります。パッチによってバグは修正されますが、あくまで代替手段が用意されただけなので苦労して貴重な装備を入手する快感が損なわれてしまいます。

私の場合、予めバグの存在を知っていたので、余計なショックを受けたりしませんでしたが、期待して買った人からすると最悪ですよ、これ。本作での失敗を糧に、再発防止に努めて頂きたいです。本当に。

DLCは未利用。バグの件があったので、周回プレイの為に無料のものにすら手をつけませんでした。2周目で満喫します。



【一軍メンバー】
1.カナタ
2.リゼリア
3.エトナ
4.ミズキ


こんな感じです。W主人公の夢の共演にウキウキしてました。うひょー!どの作品でも主人公揃い踏みは燃える!

リゼリア加入までは、ミユを使ってました。健気な不幸っぷりがいじらしかったのです。しろいもよう、ゆきかぜ!

エトナには、今回もお世話になりました。序盤から終盤まで常に戦力としてフル稼働してくれました。ディスガイア1、ディスガイア2、クロスエッジ、ファントムブレイブ、ファントムキングダム、ラ・ピュセル ラグナロック。多くの作品でお世話になってるけど、今回が1番お世話になったやも。特別好きなわけじゃいから、毎回最終的にはレギュラーから外れちゃうんですよね。うん、初レギュラーおめでとう!咆哮迫撃で槍をブンブン振り回す姿がかっこよかったよ!

1番の主力は、もちろんカナタ!明朗快活な少年が大剣を軽々しく振り回す姿に、ファンタジーのロマンを感じました♪犬魔王万歳!

女神リーゼリアルも大好き!カナタの次に好きだよ♪感情表現豊かなところや、一生懸命に頑張ってるところが可愛い!戦闘中のかっこいいボイスとスピーディなモーションも魅力♪眼で追い切れない剣捌きに痺れました



【結び】
“ムゲンソウルズ”が発売するので、トリユニのプレイは一旦終了。しかし、2周目以降に解禁される真ルートやクリア後ダンジョンなど、本作の醍醐味ともいえる部分をまだしゃぶり尽くしていません。くぅ!近いうちに絶対にプレイを再開してやるし!!!



【結び2】
本作とネプ1,2をクリアしてからムゲンソウルズに移行したかったけれど、無理でした。無念。

ソフトは既に購入してあるので、同時進行かムゲンソウルズクリア後にプレイする予定です。なぜなら、ソウルズシリーズの派生作品は全部経験しておかないと気がすまないから!知識と経験!これに勝る説得力無し!全作クリア(プレイじゃないよ!)して、誰よりも詳しくなるのが夢です。ぷくくヽ(*≧ε≦*)φ



【結び3】
リゼリアって、IF様の作品における元祖“女神キャラ”だと思うのですよ。愛でねばなるまい!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
トリニティ・ユニバース 《クリア》 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる