もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS もっとNUGA−SEL! 《クリア》

<<   作成日時 : 2012/03/17 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆もっとNUGA−SEL!
※ネタバレあり

もっとNUGA-CEL!(通常版)
アイディアファクトリー
2010-05-20


Amazonアソシエイト by もっとNUGA-CEL!(通常版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




クリア!
マヤEND。
難易度はハードです。


【ストーリー】
政治・治安・衣食住。人々の生活がカオスと果てた「トーキョー23」大陸。この地の戦乱を治め、人々に平和をもたらす為に、ミナトエリアのマスター(※主人公)は立ち上がります。

マヤ、レイア、ピヨ、セレナ、ムラサキ。ミナトマスターの下に集った5人の少女は、それぞれの想いを胸に秘めながら、ミナト レッドランスの一員として戦乱を戦い抜きます。

かつての戦友…。心優しい友…。固い絆で結ばれた姉妹…。戦いの中で、少女達はそれぞれの辛く悲しい現実と対峙。そして、苦しみながらも壁を乗り越えました。今を生きる仲間と、明日を目指す為に。

ミナトマスター指揮の下、「トーキョー23」統一に成功したレッドランス軍。しかし、全ての組織を裏から操り、己の野望を成そうとしていた魔族「ザンビ」が姿を現します。ザンビ率いる「ザンビ軍」によって「トーキョー23」は混迷の世界へと再び追い込まれます。

世界を己がモノとする為、「欠落たる異文書」によって完全復活を果たそうとするザンビ。しかし、レッドランス軍は諦めません。持てる力を結集し、ザンビ=クレットを倒します。

…ところが。クレットを倒し、勝利の余韻に浸ったのも束の間。ザンビ=クレットは自らが影武者に過ぎない事を暴露します。本物のザンビは、他の誰でも無い、レッドランス軍マスターだったのでした。

「転移封印」によって自らの遺伝子にザンビを内包している存在、それがレッドランス軍マスターだったのです。クレットは彼に真のザンビ復活を促します。3つの「欠落たる異文書」、「戦争によって高められた負のエネルギー」、「ザンビを封印せし者」。全ての条件が、今まさに揃ったからです。

しかし、レッドランス軍マスターはこれを拒否。真の力を解放したクレットに決戦を挑み、これを撃破します。レッドランス軍の勝利です。

…そして数ヵ月後。ザンビ軍残党を一掃したマスターは、最愛の人であるマヤと結ばれ、慌ただしくも幸せな日常を送っているのでした。

終幕。
-----------------------------------------------------
簡単にまとめると こんな感じです。コメディ色が強めですが、それでも各キャラの胸に秘めた信念や過去のエピソードは重く、異世界「トーキョー23大陸」での戦争を通した人間模様に惹き込まれました。戦争を通して過去を乗り越え、現実に立ち向かい、そして新たな絆を育む。どの物語で何度観ても、感動出来ます。むふふ、本当にこういうの大好きだ♪

改造されたチヨちゃんに涙したり、ラミュウ姉さんの外道っぷりにうがー!ってなったり。レイアとリールの友情も良かった♪ほっこり。

クレットには騙されたよ!ザンビ本人かと思ったら影武者だなんて!バレバレとみせかけて、実は偽物パターンにやられました。ていうか、それ以上に、主人公=ラスボス パターンとは思いませんでした。PS2の「美少女シミュレーションRPG」と一緒なのに、全く気付かなかったし!むふー、楽しませてくれるじゃないか!

ENDはマヤを選ばせて貰いました。主人公×王道ヒロインに勝る選択はないのですよ!優等生なのに、最後の最後でもどこか抜けてるマヤに癒されました。ぽわわん♪(o=゜▽゜)



【システム全般】
戦闘システムはオーソドックスなコマンドバトル。ボタンをポチポチ押して各キャラに命令を出せる、このシンプルさが楽しい♪

ロードは普通。戦闘開始前に3〜5秒ほど待たされますが、特にストレスを感じる長さではありません。といっても快適なわけでもありません。なので、普通。

グラフィックは愛しのドット絵♪アニメ調な雰囲気が満喫出来て、気分が高揚します♪しかも、今作は中々にドットの動きがイイのですよ!細かい動作が再現されているので、丁寧な作り込みを感じられます。

中でも、必殺技の際の、カットインの一枚絵とドット絵の動きがリンクしてる点に驚かされました。スパロボ級のかっこいいドット絵演出が、まさか今作で拝めるなんて!? 嬉しい誤算ですよーうへへw

ゲームバランスは、個人的にかなりイイ感じです♪強めの敵に苦戦する→強化して強くする→(前回苦戦した強めの敵に)圧勝する→また強めの敵に苦戦する→強化して強くする→圧勝する→更に強めの敵に苦戦… 。この流れが出来あがっていて最高♪

ソウルズシリーズ以降、IF様のSRPGないしRPGって、少なからずこの傾向があるんですよね。この育成エンドレスでウハウハな流れが大好きな私からすると、まさに最高としか言いようがありません♪

ボリュームは少なめかな?ガッツリとハマる気がない私からすると、このくらいで丁度良いのですが、今作に期待してフルプライスで限定版を予約買いするような真のヌガセルファンの方には、物足りないと思います。せめて、23区全てに顔グラ付のキャラとイベントを用意して欲しいかな、と。

探索用のダンジョンの敵が強過ぎる!難易度ハードでプレイしたところ、後半3つのダンジョンは勝てる気がしませんでした。少なくとも、正攻法では無理です。スキルの吟味やコス破壊アイテムの駆使が必須かと思われます。

2周目以降、コスのステ上限が解除されてから挑むのが本当の楽しみ方だと思うですが、バグなのか2周目以降は強制的に難易度ノーマルに固定されちゃうんですよね。ダメじゃん!難易度ハードの極悪性能の敵に圧勝するから楽しいんであって、難易度ノーマルの格下相手に圧勝したって快感に繋がらないよ!?



【その他 雑感】
キャラの台詞回しや、ギャグシーンの言葉選びのセンス等が、クロスエッジに似ていると感じました。引き気味のツッコミとか、天然路線のボケとか。キャラが違うだけで、フォーマットはそのまんまかな、と。おそらく、シナリオスタッフ様が同じ方なのでは。かなり好みのテキストなので嬉しかった!

ゲーム中盤〜終盤にかけての難易度が高い!特にチヨダ区の3連戦!どうなってるの!2戦目の改造チヨちゃんと、3戦目のラミュウ姉が半端なく強かったのですが!Lv3コスチューム無しで戦わないといけいないから、辛かった…。

ギャラリー収集率は70%です。難易度ハードでの全ダンジョン攻略を含め、気がむいたらコンプリートを目指します。首を洗って待ってればいいと思うよ(`・ω・´)



【結び】
予想を上回る楽しさでした♪プレイ前、シナリオ面はギャグ一色かなと思っていたのですが、そんなことはなく、シリアス成分を根底に敷いてくれていました。ギャグとシリアスのバランスが絶妙な作品、大好きですよ♪



【結び2】
「ムゲンソウルズ」大選挙開始おめでとー!ドンドンドン!パフパフー!我が愛しの「IFネバーランド」シリーズのキャラが大量にエントリーされていて、めっちゃめちゃテンション上がってます!ふおおおおおおおおおおおおおおお!ふおおおおお!ふおおおお!←暴走中

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
もっとNUGA−SEL! 《クリア》 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる