もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS A君(17)の戦争

<<   作成日時 : 2012/01/21 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆A君(17)の戦争
※ネタバレあり

新装版A君(17)の戦争1 まもるべきもの (富士見ファンタジア文庫)
富士見書房
豪屋 大介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新装版A君(17)の戦争1 まもるべきもの (富士見ファンタジア文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




“A君(17)の戦争”
前々から気になっていたので、買ってみました。
古本¥100でございますれば。



【一言感想】
剛士
「なんでだよ、なんでたった15で死ななきゃならないんだよ!教えてくれよ、どうしてそこまでして戦うんだよ!」
アーシェラ
「それが戦争です」


突然、異世界に召喚されて…。魔王として祭り上げられそうになり…。挙句の果てには、戦争に巻き込まれ…。そして、目の前で人が死んでいった。しかも、それは自分のせい。魔王を継ぐことを拒み、怯えて逃げ回った自分のせい。現実を受けれいれなかったそのツケが、シワ寄せが、善良な少年の人生にきてしまった。

剛士
「みんな幸せに暮らせる。必ずそんな日がやってくる。陛下が絶対にそうしてくださる!」


この期に及んで、他人に任せるのか?本当は自分がやるべきなのではないか?本来なら退陣すべき前魔王ではなく、新たな魔王であるが自分が…。そして、思ってもみなかった言葉。

剛士
「もし陛下がダメでも、僕が必ずそうしてみせる!」


低身長。ちんちくりん体型。残念な顔立ち。性格は根が暗く、執念深い。そんな、およそ物語の主人公とは思えない特徴を持つ小野寺剛士ですが、魔族と人との争いを自分の肌で感じることによって、魔王として戦争を生き抜く事を決意した模様。元の世界でいじめられっ子だった彼だからこそ、戦争という理由のない苛めに苦しむ魔族を守りたいと、強く思えたんでしょうね。軍略の才能以上に、人の痛みを理解し、その為に全力を尽くせるその心が、魔王として選ばれた最たる理由なんじゃないでしょうか。



【結び】
今回の戦争は敗北。愛する魔族の為に、犠牲になった田中さんは行方不明…。配下の信頼だって完全に得たわけではないでしょう。一難去っただけで、まだまだ最悪の状況です。これからのA君の魔王としての生き様…期待してます。



【結び2】
戦争とは名ばかりで、ギャグがメインの作品…と子供の頃は勝手に思っていましたが、実際に読んでみるとそんなことは全くありませんでした。コメディ要素は、やはり強いのだけれど…。しかし、それでも根底にある強いメッセージに熱いものを感じました。あーもう!なんで世の中、素敵な作品で溢れているんだか!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
A君(17)の戦争 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる