もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS レンタルマギカ 銀の騎士と魔法使い

<<   作成日時 : 2011/10/31 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆レンタルマギカ
※ネタバレあり

レンタルマギカ 銀の騎士と魔法使い (角川スニーカー文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
三田 誠


Amazonアソシエイト by レンタルマギカ  銀の騎士と魔法使い (角川スニーカー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




通算18冊目。
高校3年生になったイツキ。
そして新生<アストラル>による第二部、開幕!



【一言感想】
イツキ
「僕は、この一年で、<アストラル>をBBBランクまで押し上げるつもりだよ。それぐらいしないと、穂波も猫屋敷さんも取り戻せない。アディリシアさんと会うことだってできないもの」


寝る間も惜しみ。学校に行く時間すらも削り。それこそ人生の全てを賭けて、魔法使い派遣会社の社長として生きるイツキ。変わったのは見かけだけじゃありませんでした。むしろ。外見以上に、行動が変わってます。イツキのイツキらしい優しさはそのままに、どこまでも愚直に、それでいて正面から堂々と突き進む。全ては…

イツキ
「だから、もっと頑張ってみようと思う。次に会う時は、きっと
皆で笑えるように

ふおおおイツキふおおお!ったくもうー!イツキ、ここまでかっこいいのかー!まさか、まさか。イツキに「ふおおお!」を言わされる日が来るとは思わなんだし!というか、“レンタルマギカ”という作品で、かなー。もちろん、前から好きだし、おもしろいと思ってはいたけれど。しかし、ここまで気持ちが高ぶる作品では決して無かったのに。全ては価値観。読む人の気持ち次第。そして気持ちを変化させる最大の要因は…

イツキ
「久しぶり。……おはよう、アストラル」


お前じゃー!イツキじゃー!“幻想譚グリモアリス”の主人公、桃原誓護のような…有名どころでいえば、アニメですが“コードギアス”のルルーシュのような…彼らのような素晴らしい策士っぷりを、イツキが発揮してる!銀の騎士団長にフェーデを叩きつけたり、敵の行動を全て先読みして裏をかいたりと、やることなすこと全てにテンションが上がりました。あれ、レンタルマギカって、こんな怒涛の展開がウリな作品でしたっけ?笑

この展開は、新生アストラルだからこそ、ですよね。穂波や猫屋敷、アディリシアや隻蓮のような超一流の魔法使いが居ないからこその奇策であり、奇抜な戦術。そして、チームワーク。真っ向勝負では勝てない格上の敵を、策と読みで攻略する。この“燃え”の基本にして醍醐味を、高いレベルで楽しませてもらいました。気分良いなー(笑)

もっとも、個人的にはフィンのような単体で超一流の実力を誇るキャラの一騎当千っぷりの方が好きなのですが←その一言は要らない

いえ、だって!フィン好きだし!前巻の<螺旋なる蛇>メンバーを妖精眼で導くシーンは、やたら燃えたんだもの!

イツキ
「<アストラル>社長・伊庭いつきです。若輩ながら、会議に加わらせていただけることを光栄に思います」
ジェラール
「このたび、わが<銀の騎士団>と<アストラル>とは友好契約を結びましたもので、皆様にもお披露目させていただこうと


うぎゃー!この狸どもめー!そうきたかー!戦闘だけでなく、政治面でも、度肝を抜かれたわ!むしろ、イツキにしてみれば、こっちに繋げる為の決闘だったわけかー!やられたよー。おもしろ過ぎ!



【結び】
前巻を読んだ後、すぐに続けて読みました。約1年ぶりのレンタルマギカなわけですが…おもしろい。とてもおもしろい。奇抜な物語展開と、緻密な設定による世界観。これらが落ち着いた文体と合わさって、非常に好みです。

軽い気持ちで読み始めたのだけれど。ここまで心に残るとは。人生、何があるかわかりません。色々と手を出してみて初めて手に入るものがある……勉強になりました。素晴らしい教訓です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
レンタルマギカ 銀の騎士と魔法使い もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる