もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS シャイニング ハーツ 《プレイ開始》

<<   作成日時 : 2011/10/23 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆シャイニングハーツ
※ネタバレあり

シャイニング・ハーツ
セガ
2010-12-16


Amazonアソシエイト by シャイニング・ハーツ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




“シャイニング ブレイド”が発売決定ですって…!?
Tony系シャイング好きとしては、前作をプレイせざるを得ないし!
というわけで、プレイ開始しました。中古\1480で購入。



【一言感想】
ほんわかスローライフRPG。超絶美形リックを操作して、記憶喪失なスローライフを満喫しよう!リック!とにかくリックがかっこいい!見た目だけなら、歴代主人公で1番好き。シオンやキリヤもかっこよかったけれど、リックのデザインの秀逸さの前には、心が動かざるをえない!

中身はどうでしょうか。今のところは、すこぶる良い感じです。期待値は歴代主人公でもピカイチ!しかし、この作品、スローライフRPGですからね。個人的に期待しているシリアスな展開が来るとは思えず…。来た所で、シオン(というかゼロ)を超えるようなシリアス展開となると、流石に無理があるような…。むふー…。総合的には、やはりゼロがお気に入りかなー…。

ていうか、ラナ!アルヴィンの妹の貴女!ドット絵グラがエルウィンにみえるんですけど!ボイスも聴いたことあるんですけど!これは、“そういうこと”でよろしいか!

パートナーはアミルを選択しました。可愛らしい3人娘の中でも、気の強そうな眼元が印象的。ツンデレ系な雰囲気がメインヒロインっぽかったので選んでみましたが、実際は、どの娘がメインヒロインなんでしょうか。主人公×メインヒロインで物語を進めたいのだけれど。

コマンド選択式の王道バトル最高!この地道に戦って、着実に成長していく感覚がたまらないッ!育成要素は大事。



【結び】
ブレイドの発表があまりに嬉しくて本作のプレイを始めたわけですが、しかし、よくよく考えたら、FANフェスタを優先してプレイすべきなのかも。未だに開封すらしていないという現状。PCですし、サクっと行っときますか。むふー。



【結び2(ブレイドについて)】
シャイニングブレイドのファミ通記事、読みました。剣と魔法のファンタジー世界で、かつ戦争を軸にストーリーを進めてくれるらしい。素晴らしい!素晴らしいコンセプトだよシャイニングシリーズ!しかも、ルーンベールの名前をみるに、ティアーズやウィンドと同一の世界観っぽい…!前述の2つの要素に加え複数作品間で同一の世界観を有するだなんて!どこまでも、個人的な趣味嗜好と合致するシャイニングシリーズに拍手を!パチパチ!

もちろん不満もあるんですけどね。ティアーズやウインドは戦争がストーリーの軸になってはいても、軍vs軍の戦記モノというよりは、主人公PTが大活躍する普通のRPG、それこそテイルズやサモンナイトのような、軽いノリの戦争ですし…。

とはいえ、貴重なコンセプトを貫いてくれている以上、放っておく訳にはいきません。少しでも可能性がある以上、微力ながら応援させて下さい。ハーツとティアーズとファンフェスタは中古購入なので、その分を少しでも挽回するべく、ブレイドは予約購入させて頂きますから!がんばれ、Tony系シャイニング!



【結び2(世界観について)】
個人的に非常に重要視しているのが、“作品間の繋がり”。整理する意味で、ちょっと考えてみます。

1.ソウルII→ティアーズ
資料集だかアートワークスだか忘れましたが、スタッフインタビューで断言されているので、これは間違いなし。自分の目で確認済み。

2.ティアーズ→ウィンド
ティアーズキャラが大量に出てきて、ウィンド本編にガッツリと絡むので、疑う余地無し。これも間違いないかと。

3.???→ハーツ→???
ココがよくわかりません。まだ1時間プレイした程度なので当然といえば当然なのですが。しかし、マキシマがハーツとブレイドの両作品に出ている以上、無関係の可能性は消えました。そして、本編ストーリーに絡む以上、ファンサービスやゲスト出演の可能性も無し。むふー。勝手な想像では、ソウルII→ティアーズ→ウィンド→ハーツ→ブレイドと、発売順に時間軸が進んでいると思うのですが。

世界観に関しては、平行世界的な繋がりで間違いないかと!『シャイニング・ウィンド』の心象世界に近い存在としてエルデとエンディアスの境界にあるアストラル界の中に位置するのがユーフォリアと、電撃オンラインのスタッフインタビュー記事が断言してくれているので、確実です。

信じつつも、関係ない世界かと疑った1年前の自分に腹が立つ!なんて中途半端!なんで夢を追えてないのか!どんな理由があろうと、他人の言葉に惑わされちゃダメ。流されるのは1番ダメ。何の根拠も無いのに妄信するのはただの妄想だけれど。自分なりの根拠があるのなら、しっかりと自分を保たないと。強く心に刻みます。

あ、そういえば、アニメ版と小説版に関しても、よくわかりません。いずれも公式扱いのような気がするものの、決定打に欠けると言いますか。本編と照らし併せて、著しく矛盾しないところを公式設定と捉える、いつものパターンでいっときます。



【結び3】
ふと思ったのですが。Tony系シャイングシリーズ(ソウルII、ティアーズ、ウインド、ブレイドなど)の繋がりを詳しく解説した設定資料集を出してほしいな、と。画集の最後にインタビュー等でちょろっと載っけるとかじゃなくて。専用の記事を伴った一般的な資料集の形で出して欲しい。そうすれば、もっと楽しめると思うのですよ。私のような世界観を重視する人間には、最高のスパイス!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
シャイニング ハーツ 《プレイ開始》 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる