もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉永さん家のガーゴイル 15巻(完)

<<   作成日時 : 2011/09/26 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆吉永さん家のガーゴイル
※ネタバレあり

吉永さん家のガーゴイル 15 (ファミ通文庫)
エンターブレイン
田口 仙年堂


Amazonアソシエイト by 吉永さん家のガーゴイル 15 (ファミ通文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




壊滅した御色町。破壊されたガーゴイル。
絶体絶命の状況をどう乗り切るのか!?
ハートフルコメディ本編、ここに完結…!!!



【一言感想】
ガーゴイル
「双葉。案ずるな。我は必ず戻る。いつになるか分からぬが、それまで御色町を守るのは汝らだ。」
双葉
「ん………」
ガーゴイル
「ピクシーもいる。ケルプもいる。デュラハンもいる。オシリスもいる。あの者らは人間ではないゆ故、誰か説教をする人間が必要だ。だからもしもあの者らが間違いを起こしそうになった時、双葉が止めて欲しい」
双葉
「…………」
無言で頷く双葉。
ガーゴイル
「御色町の皆――」
最後にガーゴイルは、大きな声で呼びかける。
ガーゴイル
我は吉永家のガーゴイルこの名を忘れないで欲しい」

我はガーゴイル。吉永家の門番也。あの お決まりの文句が最期にして少し変わりました。変化は少しです。ほんのちょっと、言葉の順番が変わっただけ。しかし、吉永家の家族として、ありとあらゆる災害から“内側”全てを守るという、万感の想いが込められた素敵な言葉です。人を知り、家族を知り、敵を知り、笑顔を知ったからこその、自身の体験に裏づけされた、ガーゴイルだけの、唯一無二の言葉です。誰に何と言われ様と、大切な者を守る為なら体が砕け散ることすら厭わないガーゴイルの生き様に感動しました。・゜・(/Д`)・゜・

全ての黒幕で、本作では逆に珍しい“純粋な悪”であるレイジ・マルケス。逆恨みを原動力に、小賢しいまでに好き勝手やってくれた彼でですが、最期にみせた躊躇いは、なんともまぁ、人間らしくて良いシーンでした。混じりけのない純粋な好意を前に、引き金を引けなかったんですよね。ラーの天秤を初めとした数々の超技術を操る彼なんですから、銃弾を外すなんてまずありえないのに。それでも万が一、宮村さん達に当ててしまったら私は…。そんな優しい気持ちが伝わってきた気がします。

最終巻だけあって、主要キャラみんなに活躍の場面があって、楽しませてもらいました。名もしれぬ大勢の町の人達も重要な役でしたし、御色町というコミュニティそのものが、あったかくて素敵な町なんだな、と。はじめの頃は国でも世界でもなく、“町”というところがピン来ませんでしたが、今となってみれば、少しわかるような気がします。こういう町に住めたら、毎日が楽しいでしょうね。面倒くさいこともまた、多そうだけれど…笑



【結び】
どーん!そんなわけで、吉永さん家のガーゴイル本編、ここに完結!…なんですけど、“おるたなてぃぶZERO”に、本編のその後を描いた後日談があるようで、真の完結はアチラですね。サクっと読んでしまおうと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
吉永さん家のガーゴイル 15巻(完) もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる