もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS テツワンレイダー 3巻

<<   作成日時 : 2011/09/16 07:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆テツワンレイダー
※ネタバレあり

テツワンレイダー3 (富士見ファンタジア文庫)
富士見書房
大楽 絢太


Amazonアソシエイト by テツワンレイダー3 (富士見ファンタジア文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




古本\180で購入。
\100になるまで我慢できなかったのです。



【一言感想】
【グレン】
オジサン
「調べたぜ。お前、八周目じゃ、養子としてこの女にひきとられて――おまけに最終的に
遺産狙いで殺されかけたらしいな」

豪快で、明るくて、凛としていて…穢れなんかとは無縁の存在。心からそう思えたからこそ、子供ながらに世界に絶望したグレンも、幸せを噛み締められた。嬉しかったし、楽しかった。なのに…

シェーラ
「けっこう高く売れたね〜」
血まみれで自宅に戻り、家の中へと入ろうとした俺の耳に飛び込んできたのは……夫に話す、シェーラのそんな声だった。
シェ−ラ夫
「傭兵の装備品は、需要があるからな……。けど……シェーラ。これで本当に良かったのか?」
シェーラ
「だって……仕方ないじゃないあの子が死ねば、どれだけのお金が私らに入ってくると思ってるの……!?そのお金があれば、身体の治療もできるだろうし。グレンも悪くなかったけど……やっぱり私、
他人の子じゃなく、ちゃんと自分の子供が欲しいもん」

嘘だ…。信じられない…。シェーラは、そんな人間じゃない…。俺の事を本当の子供のように愛してくれた、孤児院ですら居場所が無かった俺に幸せをくれた人だ。決して金に目がくらんで、俺を殺そうとするような人間じゃ…

シェーラ
「それにグレンは、本当は孤児だったのに、この二、三年、
もう十分楽しんだじゃない。きっともう満足してる。だから天国で、笑顔で私達と私達の子供のこと、見守っててくれるよ」
-----------------------------------------------------
これは…ツラい…
最も心を許していた人間による、最高の裏切り…
心が折れるも道理…( ´;ω;`)



【メグ】
メグ
「……わたしが?イカれてる?わたしが?イカれてる?あんた――誰に向かって口聞いてんの?」
グレン
「ど、どういう意味だよ?」
メグ
「どうって。そのまんまの意味よ。あんた、中々里親見つかんないあんたと一緒にいる為に、わたしが、やまほどあった養子の誘いをぜんぶ断っていたこととか、知ってんの?」
グレン
「……え……?」
メグ
「あんたなんか、わたしの苦労、なんにもしらないじゃない。わたしは……いつだってあんたに尽くしてきたよ。なのにグレンは……グレンはわたしのことなんかちっとも大切にしてくれなくてさ……そんなわたしに向かって、イカれてる……!?イカれてる……!?ふざけんじゃないわよ……!誰のせいだと思ってんのよ!?あんたのせいじゃない!あんたがわたしの気持ちに応えないから………わたしこんな性格になっちゃったんじゃない!あぁぁぁもううう!なんで思い通りいかないのよ!?」


シェーラを唆し、グレンを殺そうとさせ。
ロザリーを陥れ、グレンから女の影を離し。
全てに絶望したところで、自分が救いの手を差し伸べる。
絶望させたのは、他ならぬ自分自身なのに…。
全てを利用して我欲を求める。
なんてメインヒロインなのか。
いえ、ウェルカムです。ホントに。

メグ
わたしでいいじゃん!!わたし、じゅうぶん、かわいいじゃん!性格いいじゃん!頭いいじゃん!何が不満なのよぉぉぉお!」

メグ……ふおおお( ´;ω;`)
心の底からの叫びだから、悔しさや悲しさ、想いがこれでもかというほど伝わってきて…ふおお;



【結び】
話の展開が凄い。先が読めません。
裏に隠れてる人間ドラマも凄い。ドロドロしていて、人の生き様に魅せられる!綺麗なキャラ、綺麗なストーリーでは描けない物語がここにある…!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
テツワンレイダー 3巻 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる