もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS 白騎士物語 DOGMA WARS 《クリア》

<<   作成日時 : 2011/07/31 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆白騎士物語
※ネタバレあり

白騎士物語 -episode.portable- ドグマ・ウォーズ
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2011-02-03


Amazonアソシエイト by 白騎士物語 -episode.portable- ドグマ・ウォーズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




クリア、したしっ(`‐ω‐´)
総プレイタイム約37時間。
とても、おもしろいッ!!!



【ストーリー】
決戦兵器《騎士》によって、大陸に覇を唱えるイシュレニア帝国。それに抵抗するアスヴァーン魔法王国。両者による苛烈な戦い「ドグマ戦記」の裏で、イシュレニア帝国打倒を目指す組織がありました。

それが「列車部隊」。フリーの傭兵として戦乱を生き抜く彼らですが、その実態はアスヴァーン魔法王国によって秘密裏に組織された特殊部隊で、《錬》と呼ばれる不思議な力を秘めた結晶を切札に、イシュレニア打倒への道を探っていたのです。

主人公は《騎士》白騎士による襲撃によって、故郷を失った戦災者。国家による争いに巻き込まれる形で戦乱に身を投じることになった彼は、列車部隊としての任務や、謎の組織《黒翼》との戦いを経て、やがて自らの存在意義に気付きます。彼は見定める者だったのです。

レン・ドルバウゼ(※ラスボス)。遥か昔、異界の門より来たりし異形の存在。レンの炉を体内に内包する強大な力を持った魔物で、その死は炉の爆発を意味します。炉の爆発は国ひとつを消し飛ばすほど膨大な威力を持ったもの。列車部隊が扱っていた《錬》の力は、レン・ドルバウゼの力が体外に具現化したものでした。

アウグスト。初代ベルク王国、国王「アウグスト1世」。かの災厄レン・ドルバウゼをかつて封印せし者で、封印の際には自らを犠牲にした英雄。その血をベルクの地に残し、守護者の使命を後世に託しました。

ベルク王国の滅亡によって、アウグストの血を引く子孫は分からなくなってしまいますが、しかし、そこで主人公の出番。彼は見定める者であり、その力でアウグストの子孫を正確に見定める事が出来るのです。

最後の戦い。激闘の末にシャウランを破り、またレン・ドルバウゼを瀕死にまで追い込んだ主人公達は、ベルク王家の正統なる子孫アンヴィエッタ(※私のプレイの場合)の異界封印によって、レン・ドルバウゼの封印に成功します。しかし、アンヴィエッタは封印と引き換えにその身を消滅させることに…。

数ヵ月後。アンヴィエッタの最後の言葉を胸に、主人公は封印の地へと足を運びました。彼女を救いたい。その想いのが力となったのかは、分かりません。しかし、主人公が封印の結晶に手を当てると、アンヴィエッタが生還したのです。再会を喜ぶ2人は、仲間達の下へと帰還します。

その後に起こった大戦争。錬の力を失った列車部隊では、かつてほどの活躍が出来ませんでした。そして部隊も解散…。しかし、主人公とアンヴィエッタは新たな列車部隊と共に、混沌の時代を生き抜く事を決意したのでした。終幕。

----------------------------------------------------

大国による戦乱の裏で錯綜する人の想い、歴史の裏で起こった決して語られない戦い、とても楽しませて貰いました。ジャンルがRPGの割にはテキスト量が少ないと感じるものの、それが良い意味で裏目に出たと思います。少ないやり取りの中、キャラクターの気持ちや世界情勢等を自由に想像する楽しみがありました。魅力的な世界観に想いを馳せるの大好きなんですよ。思いがけぬ拾い物だったと感じています。

…ただ、これは、漫画版「ドグマ戦記」の恩恵が大きいですね。白騎士ワイルド、竜騎士ラドゥール、黒騎士クライブ、月姫フラベル=ルナ、女王ミューレアス、天才軍師エルダス、皇帝マドラス…etc。彼ら彼女らの想いが漫画版ではしっかりと描かれていて、かなり感動したんです。だって、ゲーム本編よりも描写が濃かったりしたので(笑)漫画版の物語を理解していたおかげで、エルダスとのちょっとした会話や、騎士達との出会い・戦闘が120%楽しめたのは間違いありません。



【システム全般】
戦闘は、リアルタイムのコマンド選択システム。従来の白騎士シリーズと同じですね。ACの細かい仕様などに変化があり、ゲームバランスも易しくなっていたりしますが、全体的な印象は、前作までと変わりありません。ただ、攻撃速度が、かなり速くなったなと感じました。シリーズを通して大剣を使用しているのですが、攻撃後、次のコマンドを入力するまでにインターバルを感じた前作までと違い、攻撃後、すぐに次のコマンドに移れました。体感ですが、非常にテンポが良かったので、好印象です。爽快感があります。

育成も相変わらずおもしろい。戦闘が楽しいのでLv、装備、スキルを充実させていくのが快感でした。戦闘システム同様、育成も、概ね前作通りですね。しかし、若干の変更があり、スキルに関しては自由に選択出来るようになりました。覚えたくないものを放置して、覚えたいものだけを覚えられます。また、NPCや他プレイヤーのアバターからスキル入手出来るところに、おもしろみを感じました。お目当てのスキルを覚えているキャラを探すのが楽しいのです。

通信要素が、意外にもツボでした。他プレイヤーのアバターをDLして仲間に加え、一緒に冒険出来るんです。他の人が愛情もって育成していかと思うと、不思議とテンションが上がります。「レディアントマイソロジー」シリーズと似てますね。キャラによっては、レアなスキルを貰えるのもポイント。

ロードの長さは場面によって違います。クエスト開始前は長めで、MAP間の移動は短め。我慢できない長さではありませんが、いずれも回数が多いので、耐性の無い人は嫌になってしまうかも。もう少し短い方が良かったと思います。

装備の強化が楽しくなりました。合成はともかく、前作までの装備の強化は面倒な割に楽しくなかったのですが、今作では自由度が上がって楽しくなってます。素材を自由に使えるのがお手軽で良かったのだと思います。

BGMも良曲が揃ってます。不思議と耳に残らないのですが、変身時・悲劇的な展開時など、場面を盛り上げる役割は十分以上にありました。



【好きキャラBEST3】
1.主人公&アンヴィエッタ
戦乱の陰で出逢った少年と少女が、運命に導かれ人知れず世界を救う。混沌の時代でもなお、希望を持って幸せに生き抜こうとする。そんな、実に剣と魔法の世界らしい始まりと終わりに満足させてもらいました。ウチの主人公はちびっこい少年キャラなので、アンヴィエッタとのカップリングがまたお似合いなのです♪幸せになっちゃえばいいと思うよ!

2.エイベル
純朴な少年キャラ、ハァハぁ(´д`*) 弟系少年キャラっぷりにやられました。なんて健気で一途なんでしょうか。心があらわれます…。メインヒロインのアンヴィエッタを最後に選択しましたが、ベルク王家の子孫っぽいのは、むしろエイベル。彼ならさぞ、民に愛される王になったでしょう( ̄▽ ̄人

3.シャロ
生意気系、弟キャラふおおおお!!!我が最愛のRPG、幻想水滸伝シリーズのルックを想い起すキャラ!毒舌美少年の前に敵は無し!よくぞこのキャラを誕生させてくれました。英断です。感謝です。ありがとう。ありがとう。ツノが無かったら完璧でした…←おい

カイシウス、シーアン、ターラ、ギュノス、キルカ、エルダス、スーフィリア…。自分でも不思議なんですけど、自分の中で久々の大ヒットなんですよね。どのキャラも、ホントに同じくらい好き。BEST3なのであえて、趣味嗜好と合致するキャラを上位に挙げましたが、基本的には全員同着みたいなものです。「列車部隊」というコミュニティが、かなりツボったのだと思います。ま、ガマローネウスさんだけは、ビジュアル的に無理ですけど…笑


【お気に入りNPC(モブキャラ)】
○エリザ
初期メンバー♀。片手剣。回復要員。列車部隊の1人。ヒール持ちだったので、非常に重宝しました。Lv46まで育成しちゃいましたもん。モブキャラではありますが、エリザも立派な列車部隊の一員です。ありがとう!

○ジェーン
途中加入♀。両手剣。攻撃魔法要員。炎が得意。背の低さが何よりのチャームポイント!チビっこだけでPTを組むのが理想なので、途中で加入してくれて嬉しかった♪エリザと同じように可愛がって、Lv47まで育成しました。

○クリン
DL傭兵♂。両手剣。少年キャラ!本当に貴重な少年キャラです。序盤からクリアまで、クエストを1つ達成するごとに傭兵をチェックしたのに、見付かった少年アバターはクリン君だけ…。クリンくんをアップロードしてくれたプレイヤー様に最大限の感謝を!!!

○なぎ
DL傭兵♀。片手剣。背格好といい髪形といい「ハヤテのごとく!」のナギがモデルのようだったので、嬉しくなってDLさせて頂きました。ハヤテはどこだ!

○ハル
DL傭兵♀。弓。ヒールIIとリザレクションII持ち。比較的低めの背丈と、回復魔法の充実っぷりからDLさせて頂きました。性能に惹かれただけあって、とても助かりました。終盤の回復は、彼女が頑張ってくれましたよ!ありがとうございます!

○レイル
DL傭兵♂。片手剣。青竜シリーズを身に纏ったそのビジュアルのかっこよさにやられた!破格の防御力と高い攻撃力で、主に中盤でお世話になりました。かっこよい。

○アントーニ
途中加入♂。両手剣。ヒールIIと蘇生奇跡を兼ね揃えたナイスガイ。正統派主人公のようなビジュアルも好き。終盤なのにLv17で加入した為、ほとんど放置してましたが、クリア後である今、徹底的に育成してみせます、期待度NO.1!

……そんなわけで、うちの列車部隊を紹介させて頂きました。無論、他にもお世話になったDL傭兵やNPCは多々いるのですが、ここに挙げたメンバーが、最も印象に残っている・活躍したキャラ達です。アップロードしてくださった方には、感謝感謝


【結び】
予想を遥かに上回る楽しさです。非常にハマってます。
なので、クリア後もまだまだプレイしますよ
素敵装備が欲しくて、たまらなかったりするのです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
白騎士物語 DOGMA WARS 《クリア》 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる