もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラゴンマガジン 2011 7月号

<<   作成日時 : 2011/05/25 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆ドラゴンマガジン
※ネタバレあり

DRAGON MAGAZINE (ドラゴンマガジン) 2011年 07月号 [雑誌]
富士見書房
2011-05-20


Amazonアソシエイト by DRAGON MAGAZINE (ドラゴンマガジン) 2011年 07月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




7月号。
春真っ盛りなのに、夏な気分です。
はうー。アイス食べたい。



※物語は基本的に読んでません ←単行本派
※主に付録や特集記事についての感想です。

【表紙】
日本一のおっぱい小説を謳う、ハイスクールD×Dが表紙。そして速報。なんとアニメ化です…ッ!おめでたう!イッセーの変態っぷりがお茶の間にお届けされる日が来たのです。誰が予想したでしょうか。いや、けっこうな人が期待していたかもしれません。このご時勢、エロコメというジャンルは強力無比かと。召還されたのに、異次元ではなく玄関から入っていく猛者はイッセーぐらいです。召喚士マリアで読んだ覚えもありますが、ここはあえて忘れます。続報に期待中。



【付録@「ぬぎぬぎ しおり4種」】
「生徒会の一存」の付録。くりむを始めとする生徒会メンバーがしおりになって登場です。いつもの紙タイプやカードタイプじゃありません。なんと、見る角度によって絵柄が変わるプリズム仕様!ふおおおお豪勢!今回の付録、気合入ってるじゃないですかー!しおりコレクターとして、これほど嬉しい付録は中々ありませんよっ!大切に保管、使用させて頂きます。ありがたやありがたや



【付録A「えろコメアンソロジー文庫」】
「ハイスールD×D」「ひめぱら」「ダークロード」「Re:」「だから僕は、Hができない。」4作のショートストーリーが掲載されてます。とりあえず、最新刊まで読み終わってる「Re:」だけ読みましたが、エロいです。ラブコメしてます。まさかの光一×兎及の話。豊かなバストと綺麗なヒップが悩ましい、同作随一のナイスバディ子さんにスポットライトが当たってます。むふー。これ読むと、光一×兎及のカップリングが好きになってしまふ。ピンク髪!ピンク髪!しかし、アンソロジーの意味がよくわかりません。ちゃんと正史の一部になってると思うのですけど。



【ピンナップ小説「鋼殻のレギオス」】
カウンティア
「それがねぇ、リヴとの最初の出会いなの」


うぎゃー!カウンティアとリヴァースの出会いじゃー!ふおおおおおおリヴァースー!良い人!優しくて癒されます。それでいて本気で怒る。相手の為なら鬼になる。真剣で真面目。純粋な優しさが魅力ですねぐへへ(笑) 純粋な気持ちと自分と並ぶ実力にカウンティアもグラっと来た様子。お酒飲んでのろけちゃってます。死に帰りたいバーメリンw



【特集「ハイスクールD×D」】
アニメ化企画進行中のD×D。10Pに渡る大特集が組まれ、これまでのストーリーの簡単なまとめが載ってます。1巻しか読んでないので、記事はあまり読んでないのですけど。ネタバレ回避優先で。イラストは超綺麗!非常に好みの絵柄。ファンタジーな格好が綺麗なのが好き!TVアニメ化ともなれば、フェアが開催されると思うので、そこが購入時期でしょうか。2巻以降を買ってないのが、プラスに働いたかもw



【特集「いつか天魔の黒ウサギ」】
アニメツクツイッター。ツイッター上で募集したネタを元にアニメを作っちゃうスペシャル企画。その結果が出た模様です。スペシャルエピソードのネタはこちら⇒「ミライの夢」「人格入れ替わり」。伝勇伝とのコラボネタも案に上がったようです。伝ファンとしては、すんごい観たかったのですが。エルウィンとのコラボ小説おもしろかったですし。



【特集・小説「調停少女サファイア」】
王女!竜の末裔!エルフ!ケンタウロス!ふおおおファンタジーの風が吹いてるー!今月特集の新作でもっとも気になったのがこれ「調停少女サファイア」。剣と魔法のファンタジー世界を舞台に繰り広げられる物語ですよっ!ファンタジー好きとして、これを見逃すハズもなく!勢い余って小説の方も読みましたが、中々に好印象。ちょっと盛り上がりに欠けましけど、短編ですし大目に見ます←何様 アクションと英知の融合。壮大な王道ファンタジー。謳われるキャッチコピーから連想される展開が激しく楽しみです。どれだけ心を動かしてくれるんでしょうか。ワクワク。6月の長編は絶対に買いますれば!



【特集「フルメタル・パニック!」】
ふおおおおおおおおおおおおおフルメタ新作ーーーーーーー!!!!!!!その名も「フルメタルパニック・!アナザー」!!!すごい!凄い新作が世に出ます!!!!あれから十数年後のフルメタ世界……十数年後…漫画版の帯でこの情報を知った時はガッカリしました。また十年単位で時間軸が進むのかと。宗介もカナメも30代……完全に大人…。可能性も何もない完成形…。少年少女が好きなのに…せめて数年後にして……そすれば無限の可能性を堪能出来るから…原作最終巻のあとがきを読んで抱いた懸念が、まさに現実のものとなり、意気消沈して過した数日……

が、しかし!袋とじの中に一筋の希望が!!!!ふおおお主人公!名前も不明な彼!でもきっと、彼は宗介とカナメの息子ですよね!?端整な顔立ちにブルーの髪!2人の間に生まれた子供!彼が主人公なんですよね!?話の都合上、名字は相良じゃないかもですけど、2人の子供!むふー!一気にテンション上がってきました。これなら、いけるかも!大好きになれるかも!!!気になる情報は次号で明らかになるそうなので、俄然楽しみになってきました。宗介譲りの戦闘力に、カナメ譲りの頭脳…。はじめは状況に流されながらも、最後には立派に成長。才能を開花させ、2人を超える存在になる…そんな展開を熱烈に希望しております



【特集「凸凹ストレンジャーズ」】
フルメタ原作者様、伝勇伝原作者様、そしてフルメタ原作絵師である四季童子様が揃って評価Aを出した作品。それが「凸凹ストレンジャーズ」。ネバネバヒーローだとか、ライターヒロインだとか、変化級気味の異能力モノでお馬鹿路線の作品らしいので、あまり好みではないかも。真面目に異能力バトルするのが好きなので。

しかし、四季童子さんが絵師!!!フルメタや六門世界シリーズで感度を与えてくれた四季童子様が絵師!!!これだけで買う価値があります。今のところ、微妙な異能力というキーワードから「Re:」や漫画ですけど「うえきの法則」を連想します。この2作品を超える魅力を期待してます



【特集「氷結鏡界のエデン」】
毎回思います。原作の感想記事、書かなきゃ、と 毎巻しっかり綺麗に終わるエデンにしては珍しく、6巻は“引き”が強烈でした。誰が選ばれたのですか。シェルティスは確定として、他が気になります。浮遊大陸最高峰のメンバーが揃ってるだけで大興奮なのに、そこから選抜。むふー。7巻買ったらすぐ読むぞー



【結び】
「調停少女サファイア 1巻」
「氷結鏡界のエデン 7巻」
「神さまのいない日曜日 5巻」
「これはゾンビですか? 8巻」
「銀の河のガーディアン 3巻」
「生徒会の木陰」

にゅおお新刊凄いでるんですがー!お金が足らないー!←そこかい テツワンレイダーとスノウピーを諦めた上でこれですからねっ。もはや新シリーズに首が回りません。お金落ちてないかな…←マテ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
ドラゴンマガジン 2011 7月号  もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる