もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS L4 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説 (終)

<<   作成日時 : 2011/04/03 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆L
※ネタバレあり
画像



“L 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説”
4冊で堂々の完結!
長いようでいて、また短い付き合いだったような気も



【一言感想】
出し抜かれたーーー!!!詐欺師フラットランド…ッ!その名に恥じぬ、ハッタリと機転!存在の対消滅も、全てを懸けて命を失ったのも、全て嘘!詐欺!ライアー!《罪人竜の息吹》を未だにその身に宿しながらも、気楽に気ままに陽気に愉快にという信念の下、アーティアと2人で旅立ってゆくとは…!!!見事、欺いてくれました。冷静に考えれば、けっこう王道で、わかりやすい展開なのですが、シム・リム・アビスパの腐竜化や、ブロック・キャリバーの破天荒っぷり、ミロの健気な少年っぷりなど、各種要素が良い意味で暴走してくれてるので、話の本筋を追うことで頭が一杯になり、オチの驚きを新鮮に楽しめた…まさに理想の展開 うんうん、こういう話の惹きこまれ方、非常に好き!この“惹きこみ”を求めていました…!!!あーもう!4巻で終わっちゃうのが惜しい!色々と物足りないところはやはりあるのですけど、それでも確かな魅力を感じることが出来る作品なのです!アーティア「………彼に、恋をしました!」←これ、素晴らしい名言。思わず涙が



【結び】
フロンティア・スピリット。西部開拓時代。ここら辺のキーワードにビビっとくるような感性があれば、もっと作品を満喫することが出来るのでしょうか。あんまり重要視してませんでしたが、“影執事マルク”といい、なんだか考えさせられます。自然にイーハーって言えるようになりたいかなー…(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
L4 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説 (終) もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる