もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS L3 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説

<<   作成日時 : 2011/03/31 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆L
※ネタバレあり





キャラデザー!?
全体的に幼い印象になってると思ったら、絵師さんが変わられたとか。しかも、次巻で最終巻みたいですし、一体何があったというのか!?



【一言感想】
西部開拓時代の雰囲気をそのままに、ページを読み進める毎に加速する物語。大騒ぎっぷりがバッカーノに似てるなんて思いつつ、伏線の回収の仕方やアメリカンジョークが秀逸で、グイグイ引き込まれました。一言で言いますと、おもしろかった!なんか、前2巻から洗練されてます!大きな変化は無いのですが、小さな変化が積み重なった結果、非常におもしろさが加速した印象。ルパートとチェルシーの結末は涙なくして読めませぬ; 我らが主人公、バーン・フラットランドは、良い意味で相変わらずかな?よく回る舌がプラスにもマイナスにもなる彼ですが、残りページが少なくなるにつれ、男を見せてくれました。アーティアを守る為なら、人殺しになる覚悟すら決める。恐怖に涙を流すその姿は、格好悪いけれど、絶対に譲れない気持ちが伝わってくるには十分なものでした。好きな女の子と楽しく陽気に生きる彼のスタイルから考えれば、及第点なのやも。そして、今回のびっくりNO.1はアーティア!彼女に隠された真実は、まさに予想外の展開。ウーノ・フェレトロの存在は、いわゆる量産型の敵キャラであって、それ以上でも以下でも無いと思っていたのに、まさかメインヒロインの出自と深い関わりを持っていたとは!誰よりもドラグジーンらしい少女が、ドラグジーンでは無く“棺”…。しかも、愛する男を殺すための世界で唯一の存在…むふー!魅せてくれる展開であります。次で最後なんて。まったく!?



【結び】
近場のブックオフ行ったのですが、置いてませんでした。いや、4巻(終)の話なんですけど。せっかく、多少高くても買おうと思ったのに!書店にも当然の如く無いですし、こういう時に限って運が悪い

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
L3 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる