もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅のトリニティ 2巻

<<   作成日時 : 2011/03/29 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆紅のトリニティ
※ネタバレあり

紅のトリニティ2 (富士見ファンタジア文庫)
富士見書房
2011-01-20
椎名 蓮月


Amazonアソシエイト by 紅のトリニティ2 (富士見ファンタジア文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




“紅のトリニティ”2巻。
ゲマで買ったのでブロマイドが付いていた…
ような気がするものの、行方不明で記憶も不鮮明。
表紙の絵だったよーな←非常に曖昧


【一言感想】
ナナのことを大切に想い、螺旋師になることを意識し始めた主人公アリア。そんな彼が、まるで1ヶ月前の自分、螺旋師になる気が無いと公言していた、自分に似た少女と出逢い、螺旋師になることや、自分自身の事を強く意識する話が、2巻の内容でした。公安との戦いや、エリーゼとの出逢いを通じて、アリアが、良い感じに、自分自身について葛藤してます。ここら辺で色々悩むことが、将来の大きな成長に繋がるわけです。がんばれアリア!新ヒロインのエリーゼは、もう1人のアリアとも言うべきキャラで、色々と似通ってます。特性の高さとか。学園に入学した動機とか。微妙に諍いはあったものの、最終的には通じ合ったみたいで、特にエリーゼの方は、早くもアリアにラブ臭を漂わせてます。シリアス路線で、独特な落ち着いた雰囲気を持った作品ですが、流れだけみると、けっこう王道バトルラブコメかも?



【結び】
好みのシリアス路線な話なのですが、1巻同様、なんかグっと惹きこまれるものが無い!山と谷が分かりづらいというか。何かが足りないのです。その点、先日読んだ“デート・ア・アイブ”とか、盛り上がるところでしっかり盛り上がってたので、良かったかなー むふー……。色々と難しいもんです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
紅のトリニティ 2巻 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる