もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS ろーぷれ・わーるど 7巻

<<   作成日時 : 2011/01/20 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆ろーぷれ・わーるど
※ネタバレあり





7巻読みました。
っていうか、発売日に読んだよーな?
遅くなっちゃいましたが感想メモです。



【ユーゴ】
ショウを救うために。
みんなを救うために。
悪を倒し、正義が勝つ為に!


SLG、またはSRPGを彷彿とさせる、アダナキア統一戦争。今までは、戦争をしたり国家に関わったりしながらも、どちらかといえばオマケのような描写でしたが、7巻は違いました。教団の勢力拡大を防ぐという目標を見据えながらも、アダナキアにおける内政や戦後の治世を考え、パール皇女やウメさんの人と成りまで、ユーゴ達は見定めてます。つまり、旅する勇者一行として、協力者の立場から事件を解決するのでなく、言うならばそこに骨を埋めるような心持ちで、れっきとした当事者として振舞ってます。本格的な戦争モノの雰囲気が出ていて、非常に期待通りでしたよっ

皆で知恵を絞りながら戦略を錬るシーンが地味に興奮しました 自軍と敵軍の戦力差は顕著。おまけに、敵の総大将は策略を駆使する知恵者。戦力で負け、頼みの綱の知恵すらもイーブンという、絶望的な状況です。実際、今回の戦い、現状は完全に敵軍が優勢。敵の策にハマり、ユーゴ達とショウ達は離れ離れ。ていうか、これから一体どうなっちゃうんですか。おろおろ。

しかし、そんな中でもユーゴの勇者っぷりは、素敵だった…ッ!!!相手が誰であろうと、丁寧な態度を崩さない、人に敬意を払える人って尊敬しますしかも、ちゃんと色々考えて行動出来る上に、いざという時の戦闘力も確か!目指せ、本物の勇者

ただ、今回の百星騎士団。彼らを鍛える為の策。アレはちょっと、好きくないですねー。いくらラムダの説得があったとはいえ、あえてモンスターを騎士団にぶつける策を自分から提案するなんて。それ相応に葛藤を経た後なら問題無いんですが、そんな悩むことも無かったのがちょっと。勇者らしからぬ行動です。せめてラムダの策に、しぶしぶ乗るぐらいにして欲しかったのです。むふー。



【ショウ】
僕も、いじめられっ子で辛い時期もあった。でも、今は生きていてよかったと心から思える。生きなきゃだめだ。生きる為に戦わなきゃだめだ。

親に死んでくれとまで言われたメタボさん。彼の心の壁を、同じ日本人でありながら、少しだけ開くことの出来たショウ。凄いです。ショウって、大体において、残念なんですけど、誰もが無意識のうちに思ってる誰かに言われたい言葉を、必要な時に相手に言ってあげられるキャラなんですよね。同じ事をユーゴやレヴィアが言っても、きっとメタボさんの心には届かなかったと思います。強者には理解し得ない、弱者だからこそ真に解る弱者の気持ち。ダメ人間だからこそ共有出来る感情。うーん、勉強になります

っていうか、メタボさん!彼の地球での話、予想外に重くて泣けたんですが; こういう方向性での重たい話は、ソードアートオンラインの管轄でしょうに!完全に不意打ちでした。パール王女へ一身に尽くす生き様といい、泣かせてくれます



【イシュラ、レヴィア】
クラスチェンジおめでとー!RPGの醍醐味、上位職への転職を果たしたWヒロインに拍手!パチパチ!日本人が高Lvだらけなので、どうしても霞ガチな2人ですが、エターナル人として順調に成長してます。イシュラがユーゴの背を守り、後方から2人を支えるレヴィア。そんな姿が見られる日が、現実のものとなってきた気がします



【リサポン】
ちょ、ちょっと待ってー!リサポン。その考えは危険。いくら教団に対する危機意識を高める為とはいえ、自分達でテロ起こして教団に罪を被せるとか…。やり過ぎです。ユーゴとラムダの策が可愛くみえるぐらいの、本格的に危険な考え。信頼出来て頼りになる巨乳のお姉さんだと思ってましたが、一気に危険なキャラへと印象が変わりました。ていうか、言ってる台詞からして、タクティクスオウガな展開になりそうなんですが。バルマムッサの虐殺・カレッカの虐殺・ハーメルの悲劇。どれですか



【結び】
おもしろかったー!ハラハラドキドキな展開が最高でした。こういう終わり方されると、次巻が楽しみ過ぎて、いっそ憎たらしくなります(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
ろーぷれ・わーるど 7巻  もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる