もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉永さん家のガーゴイル 12巻

<<   作成日時 : 2010/11/19 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆吉永さん家のガーゴイル
※ネタバレあり

吉永さん家のガーゴイル 12 (ファミ通文庫)
エンターブレイン
田口 仙年堂


Amazonアソシエイト by 吉永さん家のガーゴイル 12 (ファミ通文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




12巻も続けて読みました。
今回のテーマは「卒業」。
1巻から丸2年が経過したようです。



・一言感想
ふおおおお和巳と桃がくっついたー!
ドンドンドン!パフパフー!
範田というライバル(?)をスパイスに、加速する2人の関係。てんやわんやなハプニングの末に、ついにゴ−ルインです。
しかし、くっつくまでの和己のボロボロっぷりは、まさにラブコメの主人公そのものでした。第三者の登場によって、自分の気持ちに気づく。焦る。困る。そして、悩む!センター試験直前に、想い人が他人とキスしそうになってるなんて、大きな障害です。ショックにも程がある しかも強引に迫られ、内心では嫌でたまらないとかならまだしも、これはこれでいいかなという心情だったわけで…桃は、完全に心が揺れていたわけです、範田の方に。そこらへんを乗り越えた…といっても、和巳は知らなかったみたいですけど、それでもゴールイン出来たんだから、ハッピーエンドでしょうか

そしてそして、そんなハッピーエンドの一方で。
あのヒラガやキイチローと関係が深い「古科学」についても、描写されていました。量こそ少ないですが、意味深な複線です。百式も少なからず絡んできてましたし、これは完全に最終決戦に向けた流れが出てきましたね「ミヅチ」…!!!



・結び
“おるたなてぃぶ”を読むべきかなー…と、悩んでおります。
あとがき読んだら、本編と交わる日が来るかも(意訳)と作者さんが仰っていたのです。つまりコレは、来たるべき大団円、その日の為にも外伝を読むのは必須という意味では…!まだ1冊も読んでないのですがっ!?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
吉永さん家のガーゴイル 12巻 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる