もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS THE 美少女シミュレーションRPG Moonlight Tale 《クリア》

<<   作成日時 : 2010/09/30 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆美少女シミュレーションRPG
※ネタバレあり





シンプル2000シリーズvol.21
「THE 美少女シミュレーションRPG Moonlight Tale」
SRPGオタとして、低価格のSRPGに興味があったので手を出してみました。中古\300前後ぐらいで購入。


・戦闘システム
びっくりしました。“学園都市ヴァラノワール”級の、酷いシステムのSRPGがあるなんて…!?世の中、広いヴァラノワールの破壊力も大概でしたが、こっちも負けてません。「とにかく敵が固い」。この一言に尽きます。最初のステージの雑魚敵(スライム)1匹を倒すのに、何十ターンもかかるゲームバランスなので、テンポが非常に悪いんです。体感時間の長さが、ホントに凄まじい。勘弁して下さい…

私の場合、攻略サイト様を駆使して、「少しでも楽に進めるように」PTを強化・運用・ルート選択したので、詰まることなく比較的楽に進めましたが、このゲームは「こちらの強さに合わせて敵が強くなる」仕様なので、特定のキャラだけを特化して育てると、育成していないキャラが足手まといになってしまい、敵の攻撃を凌ぎ切れず、ゲーム進行が不可能になってしまうこともあるようです。恐ろしいですね時間をかけた頑張ってプレイした結果が、途中でクリア不可能…想像するだけで震えが止まりません

上手くゲームバランスを調整してかつゲージを貯めて放つ各キャラの最強技でも、敵のHPの1/8程度しか削れない点に、全てが集約されているような。気の向くままにプレイしてたら、もっと与ダメが低くなるわけですよね。味方の与ダメを上げるなどして、もっと爽快感を盛り込まないと、いまいちプレイしていて楽しくありませんって…



・ストーリー
意外や意外。けっこう、おもしろかったですよ
典型的な中世ヨーロッパ、ファンタジーな世界観がまず好みですし、何より「主人公=ラスボス」な展開に度肝を抜かれました何かしらの秘密があることは勿論、描写されていたんですが、まさか正体が悪魔(元神様の別称)でラスボスだなんて思いません群像劇でもW主人公でも敵なりの正義が描かれているわけでもないのに、この展開。かなり斬新なのでは

最終面が、嫉妬(マツリ)なので、それ以外のルートだとまた違うのかもしれませんが、マツリは正真正銘のメインヒロインなわけで。シンプル2000、侮れません



・好きキャラBEST3
1.マツリ
ピンク髪のメインヒロイン!これだけでも充分好きなのに、大剣装備のパワーファイターとゲーム設定面でもドストライク!甲高い声で、ワーキャー騒いでる姿がなんとも可愛かったです。癒される



2.カエデ
対人恐怖症の忍者。DOAシリーズのアヤメ(?)っぽい見た目ですが、中身はいじらしい娘(笑)射程距離∞の遠隔攻撃には、お世話になりました



3.カノン
魔王様。女子高生っぽい服装ですが、魔王様です。気の抜ける性格がとても良い味出してます。ボイスが、かないみかさんなのがまたポイント高い!こういうキャラ、ホント似合いますねー



・結び
SRPGに対する視野、というか「下限」が広がったような気がします。上には上が居るように、下には下が居るもんですね低価格である事、攻略サイト様の情報が充実していた事、そしてワンコイン未満で買えた事実があるからこそ、言うほどには印象が悪くないものの、どれか1つでも欠けていたら、成立していなかったと思います。

ルート分岐が多彩だったりと、良いところも少なからず存在するので、このクオリティはホントに「惜しい」もし次回作等があるならば、もっと錬りこんで頂きたい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
THE 美少女シミュレーションRPG Moonlight Tale 《クリア》 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる