もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴッドイーター 《クリア》

<<   作成日時 : 2010/04/18 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆ゴッドイーター
※ネタバレあり





“ゴッドイーター”クリアしました
難易度6の最終戦「希望」
最後のストーリーミッションである難易度10の「イザヴェルへの道」
というか、フリー含めて全ミッション突破しました。

全体的に難しいゲームでしたが
難易度10「象牙の塔」が1番やばかったですね…
そこそこ充実した装備・バレットにも関わらず、
5回も全滅しました…
ハガンコンゴウ怖いよ;

あ、なにげに新品購入してたのです。
予約していませんが予約特典コードもバッチリ確保済み!


以下、一言感想。



・ソーマ
父親との確執…
心を持ったアラガミとの触れ合い…
体組織の半分がアラガミ…

サカキ博士の理想でもある“アラガミとの共生”を成す為に生まれて来たと言っても、過言ではないソーマ。各種設定やシオとの交流はまさしく主人公そのもの。異形の存在との共生を模索するという意味で“転生学園”シリーズの伊波飛鳥と九条綾人を思い出しました。ゴッドイーターの物語が大団円を迎える際にでも、シオとの絆を、もう1度みせて欲しいですね


…ただ、声がなんか違和感あるんですよね、ソーマ。
もう少し高い声の方が良かったなぁ、と。
テンションの低い伊達政宗みたいで



・シオ
特殊なコア持つ人型アラガミ
まさかの特異点

赤子のような純粋さが魅力の少女ですが、ソーマを主人公と捉えた場合、ゴッドイーターのメインヒロインはシオだと思うのですよ。離れたくないと願いながらも、皆を救うために、月へと旅立っていった姿にちょっと感動;
はじめてOPムービー観た時は、ゴッドーイーターの世界観で、ナゼ月に人間が?と思ったものですが、そういう意味だったんですね続編での、ソーマとの再会シーンに期待です


無邪気っぷりが好きなので
途中から使用不可能になったのが残念でなりません…
クリア後に再使用可能とかにして欲しかったなぁ…



・コウタ
家族思いの少年
陽気な3枚目

アーク計画を知った際に、家族と仲間の間で揺れ動くコウタが良かった;
ソーマはソーマで主人公っぽかったですが、コウタもちょっと主人公っぽかったです。世界観的にも、なんとなく、ガンパレの滝川陽平を思い出しました。

声。
阪口大輔さんボイスが凄く合ってるなぁと感じましたね。



・アリサ
貴重な新型ゴッドイーター
ツンデレ(?)少女

プレイ前はメインヒロインだと思ってたんですが、いざプレイしてみると、いち仲間キャラで終わりましたね。フューチャーされる場面も多いのですが、誰ともラブコメしなかったのがなんとも。最終的には、サクヤと良い絆を築いていたような…。


・サクヤ
先輩ゴッドイーター
リンドウの遺志を継ぐ頼れるお姉さん

慕っていたリンドウさんを失うも、最後まで主人公達と駆け抜けてくれた先輩。主人公が隊長に就任した際に、素直に祝福できない様子が見受けられたので、もしかしたらドロドロの展開が来るかもと身構えてましたが、全くそんなことはありませんでした。期待してたんですけど。



・結び
うーん
世界観に惹かれて購入したわけですが
ストーリーは期待してたよりパワー不足だったかも…

終盤の加速と爆発力はそこそこ良かったので
アレを全体的に満遍なく詰め込んで欲しいところ

あとボリュームですね。
ストーリーミッションにも関わらず、ムービーが無いものがいくつかあったのが残念。もっとムービーを!!!


・結び2
現在は、難易度8〜10をマッタリとプレイ中。
欲しい素材の確保に勤しんでいます

既に総プレイ時間が90時間を突破してるので、
かなりハマってますよゴッドイーター!!!
こんなにプレイしてるアクションゲームは初めて!!!
まさか、ガンダム無双2よりプレイするアクションゲームに出会うとは思いませんでした。比較的、アクションゲームは好きじゃないジャンルなのにっ

狩りゲー、恐るべしヽ(*≧ε≦*)φ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
ゴッドイーター 《クリア》 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる