もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝説の勇者の伝説 LEGENDARY SAGA 《クリア》

<<   作成日時 : 2010/03/09 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

☆伝説の勇者の伝説 LEGENDARY SAGA
※ネタバレあり

伝説の勇者の伝説 LEGENDARY SAGA
角川書店
2010-02-18


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




“伝説の勇者の伝説 LEGENDARY SAGA”
クリアしました。

クリアすることによって
隠しダンジョンが解禁されたのですが
せっかくクリアしたので
プレイ前にレビュー書いちゃいます。

ちなみに、AMAZONで予約していたのですが
発売日から4日経っても届く気配がなかったので
キャンセルして別のお店で買ってきましたよ


・概略
内容はダンジョン探索型RPG
主観視点でダンジョンを探索し
罠やトラップを解除しながらモンスターを倒し
先に進めていくというのが大まかな流れです

また、小説原作のゲームなだけあり(?)
ストーリーパートの量もけっこう存在しています
街やダンジョンで会話イベントが起き、
イベントによってはスチルが挿入されることも。

基本的にはウィザードリィシリーズをイメージするとわかりやすいかも。
といっても、WIZシリーズを私自身はPS3のウィザードリィ(体験版)しか
プレイしたことはありませんが。しかも15分程度
なので、的外れなこといってるかもしれませんが
そこのところはご容赦を


以下、原作ファンの立場としてのレビューです。


・ゲームバランス
簡単です
雑魚戦は好きな魔法や剣術を使っていれば敵を倒せます
被ダメもたいしたことないので死亡することはまずありません
○ボタンを押すと戦闘速度を高速化できる(スパロボの戦闘アニメ高速化をイメージするとわかりやすいかも)素晴らしい機能があるので、操作に慣れれば5秒で戦闘が終了するのは魅力ですね

エンカウント率は高め
wizシリーズと比べてどうなのかはよくわかりませんが、数歩移動するだけでも敵が出現することが多いので、エンカウント率は高いと考えて問題ないかなと。
また、基本はランダムエンカウトですが、シンボルエンカウント(MAP上のマークに触れると雑魚戦開始。通常の雑魚よりも強いことが多い)の数もけっこうあるので、TP配分に気をつけないと息切れすることあり。もっとも、ダンジョン内に泉なるHP・TP全回復スポット(無料。何度でも使用可)がある上に、回復アイテムの種類も豊富&上限高いので、十分にセーフティーネットは用意されていますが。


…ただ、基本簡単とはいえ、ボス戦や1部の雑魚は強いので
油断しきってると負けてゲームオーバーもありえます。
全力で戦えば特に問題なく勝てますが、
アイテムやTPを変に出し惜しみすると敵の猛攻に耐え切れなくなることも…。“殺られる前に殺れ”の精神でガンガンいきましょう


原作ファンとしては
大量の「モンスター」と戦えたのが新鮮でしたね
伝勇伝の世界にモンスターって存在したんだなぁ、みたいなw
いつぞやイェット共和国でそれっぽいのがいましたが、イノシシとかゴーストとか、RPGらしい敵って原作にいないので凄い新鮮です。これは逆輸入の可能性も…!?



・称号システム
称号システムがなにげに斬新でおもしろいなと感じました

テイルズオブのようにステータスの上昇値が変わる(補正がかかる)わけでも、ドラクエ9のようにステータスとは関係ない、一種のコレクター要素なわけでもなく、称号によってキャラステータスそのものが変化するのです。HPもTPも攻撃力も防御力も。全ステータスが、そのとき装備している称号によって決定されます。

このゲーム、Lvの概念が存在しないだけでなく、装備品による補正も、ことステータスに関しては微々たるもの(皆無ではない)なので、実質的にステータスを上昇させる手段は称号しかないのです。つまり、キャラを鍛えようと思ったら強い称号をゲットするのが必須なので、いかにして称号を手に入れようかと頑張れるのが新鮮でした


原作ファンとしては…
うーん、特にコメントないですね
「マダムキラー」とかに若干クスりとしたぐらいでしょうか



・スキル(魔法、剣術)
戦闘に勝つと経験値とお金をゲットできます
一般的にRPGで経験値といえば、貯めればLvがあがるものですが、このゲームにLvは存在しません。では、何の為の経験値なのかいうと、魔法やスキルを入手する為のものなのです。ドラクエでいう呪文や特技を、このゲームでは経験値を消費することによって覚えます。

そこそこ数が豊富なのでどれを覚えたらいいか迷うかもしれませんが
範囲攻撃スキルを1つ覚えておけば雑魚戦はなんとかなります
多いときは1度に12体ぐらい敵がでてくるので、
全体攻撃スキル、少なくともグループ攻撃スキルは必須かな、と。
なくても負けはしませんが時間がかかっちゃうので。


原作ファンの方にはお馴染みなスキルばかり。

ライナは
“紅蓮”
“光燐”

フェリスは
“光明剣”

私はこれだけあればサクサク進めました
原作では出番がなくなって久しい
“稲光”も楽しめました

フェリスの剣技に名前が付いてるのもちょっと新鮮でしたね



・スキル(特技)
攻撃系のスキルの他にも
ステータスUPや特定の種族に対して攻撃力が増加するなど、さまざまな恩恵を受けられる“特技”というカテゴリのスキルも存在します。
前述の攻撃スキルと特技スキル。これらを決められたCP内でどうセットするのかが、プレイヤーの個性の出るところですね。覚えたスキルは無制限に付けられるわけではないので、どうしても取捨選択する必要が出てきます。テイルズ(シンフォニア、アビス、ヴェスペリア)やヴァルキリープロファイル(咎を背負う者)等をイメージするとわかりやすいかも。

オススメは“幸運”
入手経験値と入手通貨が大幅に増えるので
ガッポガッポ稼げます


・装備品
アクセサリーしかありません。

1.ネックレス
2.指輪
3.腕輪

この3種類を1個づつ装備することが出来ます
ネックレスは主に攻撃回数、指輪は主に攻撃力、腕輪は主に防御力を上昇させてくれます。魔法や剣術が強力なので、あまり気を使わなくても問題なかったりしますが。


原作ファンとしては、
せっかくのRPG化なんですから
武器や防具も欲しかったなーとガッカリしてます…
ゲームオリジナル忘却欠片とか
装備できたらおもしろかったのに……



・ストーリー
原作小説は現在18巻まで刊行(※短編・外伝を含めると通算34巻)
そのうちの1巻ラスト〜3巻終了までが
今作のストーリーとなっています。

といっても、原作小説をそのまま再現しているわけではありません。
原作付ゲームのお約束か、登場人物や重要なシーン等は、ほとんどカットされています。なので、あまり期待するとガッカリする可能性は高いです。
いわゆるダイジェスト版ですね。

ただ、「ファントム館」や「トアレ家地下迷宮」など
ゲームオリジナルストーリーが追加されていたりしますので
ココでしか楽しめない“伝勇伝”が確かに存在します
お世辞にもテキスト量は多いとはいえませんが、
原作ファンなら1度は見ておくと楽しいですよ



・ロード時間
非常に短いです
戦闘はもちろんメニュー画面を開く時、MAP間を移動する時など、全体的に一瞬でロードが終わるので、終始快適にプレイ出来ます。
PSPのゲームはロード時間が長いものが多いので発売前は心配していたのですが、杞憂に終わりました。



・カットイン
非常に綺麗なカットインです
必殺技使用時等にキャラの一枚絵が表示されるのですが、美麗なイラストに魅せられます。戦闘中にカットインが入るゲーム自体は昨今珍しくもなんともありませんが、ここまで「綺麗だな」と感じたカットインは初めてです。
イラストそのものが綺麗というより画質と演出が凄い良いのかもしれません。表現が難しいのですが、カットイン挿入時に同時に淡い光で絵が彩られるのですが、それが素晴らしく綺麗。
ライナやフェリスはそうでもないのですが、敵キャラ(フロワード、スィ、クゥ)のカットインは必見レベルです。



・簡易MAP表示有り
簡易MAPが表示されるのが非常に助かります
主観視点で探索するRPGだと道に迷ってやる気がなくなってしまうので、常時表示されていると迷わずに済んでモチベーションが保てます。
wiz系の難易度の高さがすきな人には受け入れがたいかもしれませんが、私のような初心者にはまさに大助かりなユーザーフレンドリーなシステムだと思います



・PTキャラ
主人公のライナ
メインヒロインのフェリス
最初から最後までこの2人でしかPTを組めません…。
最低でも4人は欲しかったので非常にガッカリしました。

昨今のRPGで2人PTのゲームって
悪い意味で斬新なんですけど…

難易度調整に力を入れた本格派RPGとかならともかく、
原作付のいわゆるキャラゲーで2人しか使えないのは
致命的だと思います。

Lvの概念がなく、ステータス上昇が称号(ストーリーを進めると自動で手に入るもの多数)任せなことも併せて考えると、ゲーム全体の難易度調整を怠る為の仕様なのかと邪推したくなるほどです。

もし次回作がでるなら、
何よりもまずPTインするキャラを増やして欲しいところ。


・クリア特典
キャラクター図鑑
イベントギャラリー
称号シアター
サウンド

ギャラリーに
上記4つが追加されます

称号シアターでは
称号取得の際のイベントを再生することが出来るのが
魅力ですね



ちなみに私のクリアタイムは約11時間
ファミ通のメーカーアンケートには
クリアまで30時間とありましたが、
半分の15時間もかかってないのですが
メーカーアンケートは適当だなぁと
感じた今日この頃です


・結び
ダンジョンRPG初心者
原作ファン

ここら辺が本作のターゲットなのかなぁと感じます

私自身はどちらにも当て嵌まるので
非常に楽しめました(笑

プレイ前は、
PSPだと下手すればロード長そうだなーとか
主観視点のゲームは3D酔いするし迷うから嫌だなーとか
いくつか不安があったのですが、
いざ遊んでみればノーストレスで手堅く遊べる作品でした

“伝勇伝”が好きな人にはオススメしたいですね!!!
あのカットインみるだけでも十分価値がありますからっ!!!


・結び2
クリア後に50階層のダンジョンが追加されたので
これからいって参ります!
せっかくですから、
称号コンプでも目指してみましょうか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
伝説の勇者の伝説 LEGENDARY SAGA 《クリア》 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる