もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS 影執事マルクの忘却

<<   作成日時 : 2010/03/07 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆影執事マルク
※ネタバレあり

影執事マルクの忘却 (富士見ファンタジア文庫)
富士見書房
手島 史詞


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




火風9巻発売までにラノベを読もうキャンペーン
第3弾は“影執事マルクの忘却”
マルクシリーズの4冊目ですね


・マルク
記憶を失ったエルミナ相手でも
全力で尽くすマルクはやっぱり最高です(= ̄∇ ̄=)

エルミナが倒れてもカナメが倒れても
全力全開!!!
カナメの事を想うが故に、
オウマのことを叩きのめすマルクから
本気度がビンビン伝わってきます。

片方は気が許せてしまい、ついつい頼ってしまいがちになりながらも、向こうも頼ってくれているわけであり、とても居心地の良い少女。

もう片方は、とても距離を感じながらも、振り向いてもらえなくとも良いから側にいて何かの支えになってやりたい。向こうから笑ってくれなくてもいいから、自分に向けてもらえなくとも良いから、自分が笑わせてやりたい。そんな少女。


マルクのカナメ、エルミナに対する現在の気持ち↑。
いやあの、マルク→エルミナが完全ににみえるんですが気のせいでしょうか

アーロンの言葉でいうところの「相手に側にいてもらいたいという欲求」を強く自覚して、相手(エルミナ)に伝えれば完璧okですよ?

がんばれマルク!!!



・エルミナ
記憶を失ったエルミナは萌えっ子でしたヽ(*≧ε≦*)φ
清楚で純朴なお嬢様っぷりが良かったですねー
マルクと自分が恋仲だと勘違いして喜んだり
マルク×カナメだと勘違いしてヘコんだりと
かわゆさが目立ちました

記憶が戻ったらいつもように芯の強いキャラです
マルクのカナメへの想いに嫉妬しつつも
自分の為に怒ってくれたのだからそれで良いと
“命令”するエルミナ…

弱いけど強いその姿に感動です;



・カナメ
人を殺したくない…
そう願いながらも迷っていたカナメが
望んだ未来を手に入れる力が自分にあることに気づき
マルクの言葉通り“信じることによって
自分が進むべき道を見定める…
一連の流れが最高でした;

ラブコメ面ではちょっとした言葉に
一喜一憂するところがポイントですね
「まとまもな娘!」で喜ぶカナメさん。
水玉マユゲは伊達じゃないっ(=゚ω゚=)


・ジェノバ
マルク
「ジェノバは、そっちの人間なのです……」
カナメ
「そっちの、人間……?」
マルク
「つまり、ジェノバが関心を抱くのは、異性ではなく―同性なのです」


へ、変態がふえたーーーーーーー!!!Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

そういうことなのかーー!
マルク争奪戦に新規参加者かと思ったら、
カナメらぶだとはーーーーー!

途中でマルクに嫉妬してましたが
アレは額面通り友達としてのニュアンスだったんですかっ

しかも化粧取ると
美少女…
実年齢はよくわかりませんが、
見た目、少女…

はやくもオウマがオチかけてるよ(; ゚ ロ゚)



・オウマ
契約者としての代償は“認識力”
ゆえに起きてしまった想い人(とはちょっと違う?)を
2度も斬る悲劇…

強大な異能力の代償が
後の人間ドラマに繋がっていくところが、マルクシリーズの醍醐味ですね。



・グレリオ
はやっ
思った以上にはやい再登場!!
しかもチョイ役!

ちゃんとアイシャのこと気にしてるがイイですねー
これは次回以降、
グレリオがアイシャに会うショートエピソードも…?



・結び
軽くブログ巡りしてたら
作者さんのブログ記事にいきついてビックリ!
ウェブリブログだったんですね…
勝手ながらなんか親近感わきます

せっかくですし(?)
“迷走”も読んじゃおうかな…

いやいや、まてまて。

レギオスも火風も読みきった今、
マルクまで読みきってしまうといざという時の“奥の手”が、最終手段のフルメタぐらいになってしまう(汗
バクト!もあるけど読むと完結しちゃうし…

\100で全巻揃えたエンジェルハウリングでも
読んじゃうべきでしょうか…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
影執事マルクの忘却 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる