もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS 火の国、風の国物語 7巻&8巻 《感想というかアレス関連の独り言》

<<   作成日時 : 2010/02/23 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆火の国、風の国物語
※ネタバレあり

火の国、風の国物語7 緑姫憂愁 (富士見ファンタジア文庫)
富士見書房
師走 トオル


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



・!?!?!?!?
あぁぁぁぁぁぁぁぁもぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!?!?

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああもう!?

まずいまずいまずいまずいまずいです!?

ここまでだなんて!?!?


いやですね。あのですね。


ラノベの発売日一覧を

web角川様でチェックしてたんですよ

そしたらですね

“火の国、風の国物語”の9巻が2010年3月に

刊行されるという最高に喜ばしい情報をゲッツしたのですよ


美味しいモノは後にとっておく主義なので

私の中で殿堂入りしている作品である“火風”の7巻と8巻は大切に未読のままとっておいたのですが、9巻が出るんなら7巻1冊ぐらいなら読んじゃってもいいかな?とか思い、昨日読んだのです。

とてもおもしろかった

それはいいんです。


あまりのおもしろさに自制が効かず

当初の予定を忘れて8巻も続けて読んでしまい、

休日のほとんどの時間を火風に使った

それもいいんです。


本当におもしろい小説は

1冊分だけでもメモりたいこと全てメモろうとしたら1日じゃ記事書けないのに

2冊も読んだら絶対の絶対に無理

ゆえに今回はメモ不可能

それだっていいのです。


2冊読んでしまうことによって

我が家の火風未読ストックが0になってしまった

けど、まぁ、それも…いい……のです←美味しいものを食べ過ぎたという意味で後悔してる


パンドラが居なくなった…!!!!!!!!!

つまり、アレスが我を忘れて動揺している!?!?


この事実が、もう…

ショック過ぎて、もう…



クラウディアから賜った慈悲の剣
先祖代々の騎士の剣
アレスの信じる正義を体現する二振りの剣を…
数え切れない人間の想いを背負い、自らの信念を貫いてきた、何よりも大切な剣を落とすだんて…

戦いの最中、戦術的必要があって仕方なく手放すわけでも、力及ばず物理的に持っていることが出来なくなるわけでもなく、純粋に恐怖に駆られて、真実を確かめるのが怖くて自らの意思で手放す……


“風の戦乙女”として圧倒的な力を持つミーア
でも今は(8巻終了時は)数々の戦闘を命懸けで戦い抜いた仲間であり戦友。巨人との戦いでは命を救われたことも。
つまり、もはやミーアは大切な仲間といえるほど近しい存在。
にもかかわらず、
その姿をみた途端、恐怖心に駆られ逃げ出すアレス…
その目尻には涙さえも…


もちろん、パンドラが居なくなることは色んな意味で一大事ですよ?
12才の頃から18歳の今まで、決して短いとはいえない大切かつ長期間のあいだ、人の身では決してわからない数多の助言をしてくれた存在が突然居なくなったのですから。
精霊の加護は失われ(たかもしれないと本人は疑っている)
自らの命や大切な人の命に危険が迫った際の助言も失わました。
そりゃ、不安になりますよね。
信念を貫くどころか、自分の命すらろくに守れないという圧倒的な恐怖に駆られたって不思議では決してありません。

でもですよ?
アレスって最初から強かったじゃないですか。
1巻という意味でも時間軸(アレス関係)の最過去である近衛騎士叙勲前後でも。


たしかにパンドラとの契約によるメリットは
アレスの人となりの大きな拠り所だったと思います
でも、それが全てじゃないでしょうに

パンドラと出会う以前から
武術の才、抜きん出ていたじゃないですか
一般的な水準はもちろん
12歳という未成熟な体でも騎士(大の大人)を相手にして勝ってたじゃないですか
百戦錬磨のイザーレの気持ちを変え、
現ファノヴァール伯爵である父でさえ打ち負かし、
フィリップには年齢や体の成熟は関係ない。強いものは強いのだとなんて気持ちまで抱かせる…

精霊の加護はもちろん、強くなることへの意義を見出せずに悩んでいた精神状態ですら、それだけ非凡な存在だったのですよ?

クラウディアと出会い、2人で城を抜け出し、フィリップの陰謀に巻き込まれ、その結果、未成熟な自分ではどうにもできない現実があることを知り、訓練に励み力を蓄え、信頼できる仲間を得ることを決意。そして、クラウディア護衛の任に再び付く。
精神的な覚悟だってあったじゃないですか

武力的な意味だけではなく、たとえパンドラ抜きでも、精神的な意味でも強かったじゃないですか。
少なくとも、心技体を極める土台は子供の頃から備わっていたじゃないですか。
なのに、なんで……

あぁもう…



・つまり、何がいいたいかと言うと
何の力もない人間が唐突に力に目覚めそして失ったのならともかく、
もとから心身ともに充分以上に強かったアレスなのに
契約の消失ともに、全てが失われたかのような行動を唐突にとるのは
物凄くショックだというわけです( ´;ω;`)

あの2本の剣を捨てるということが
どれだけ大変なことなのか
アレス自身、完全に忘れちゃってますよね今…

はやく思い出して欲しいです
意思(素質)があったからこそパンドラに選ばれたということを。
クラウディアの夢を。
それを手伝うことを決意した幼き日の自分を。
なにより、本当の自分を……



・でも、でも。
8巻のアレスの姿は
アレスに心酔し、彼を崇め奉っている私にとって
物凄いショック( ´;ω;`)ではあるんですが(終わり方もアレですし…)
ショックなだけかというとそうでもなかったり。
厳密に言えば、ショック7割・期待3割ですね。

というのも、ファンタジー(ていうかジャンル問わず物語全般?)における主人公の大きな挫折って、間違いなく、更なる成長への布石じゃないですか。月並みですが、人は何かを失うことによって成長しますよね。対価が大きければ大きいほど、その伸びしろは高まる。物語、それも戦記物の主人公ならなおのこと。

1〜7巻まで常に本物の英雄として活躍してきたアレス(7巻なんて神話級!!!)

巻が進む毎に、こちらの予想を遥かに上回る活躍をして、大きな感動と興奮を与えてくれた彼が、火風シリーズ最大のターニングポイント(←7巻あとがきの作者様の言葉より)となる9巻で、どのような成長をするのか。自分でもびっくりするほど、ホントありえないくらい楽しみです



・9巻の予告
精霊との契約によって力を手に入れたフィリップは
自らの欲望を満たすために動き出した。
一方、パンドラと離別し戦うことを恐れるようになったアレスは
助けを求めるようにハインツ王太子のもとへ向かうのだが……!?
(web角川様より転載させて頂きました)


↑9巻の予告というか若干の紹介というか。
どうやらアレスはハインツ様のところへ向かうようですね
どう考えても、すんなり保護されてメデタシメデタシとはいかなそうですが、果たしてどうなんでしょうか。激しく気になります

8巻ラストのアレスの心の折れっぷりは
“ロトの紋章”10巻で、ジャガンとの一騎打ちに敗れるアルス(主人公)を思い出しました。

はじめっから強かった(アルスは主に精神面)上に
大きな障害をいくつも乗り越えてきた(vs獣王グノンとか)のに
物語途中で急に心が折れるところ(物語のおおまかな流れ)や、
正義感や責任感が強く誰よりも誠実なところや、
生まれもっての境遇が運命付けられた騎士(アルスは勇者ですけど)なところなど、様々な点で似てるなぁと思ってたのですが、8巻ラストでは完全にリンクしましたね…

アルスは大きな挫折の後に
心身ともに大きく成長しました(自分はもちろん、強くなった後に仲間も直接指導した!!!)が、はたしてアレスはどうなんでしょうか…

アレス大好き人間の立場としましては、はやく立ち直ってアルス(ロトの紋章)以上の大成長を見せて、またいつものように魅せて欲しいです

なんだかんだでパンドラと再契約??
イザーレみたいに黒魔術使う騎士になる??
ミレスデンの姫巫女のように、赤神オディウスとの直接契約??
この際、契約や精霊なんて関係なく、剣の腕一本で傭兵王ならぬ騎士王になる??(“魔法戦士リウイ”のリジャール王みたいな感じ?)

あー、ダメだ。
私の脳ミソじゃ火風シリーズの次の展開の予想はもちろん、物語の流れを無視した独断的な希望すら、具体的にイメージできません…

とりあえず、立ち直ってくれればいいかな…?

英雄アレスの姿をもう1度…!!!



・結び
“火風”のアレス
“レギオス”のレイフォン

私が触れてきた全ての物語の中でも
群を抜いて激しく大好きな2人の主人公が
どっちも最新刊では大きな挫折中な為か、
なんだか読んでるコッチまで気が滅入ってきます;

って、まぁ、レイフォンは、1巻の段階から精神的な弱さが目立っていたので、まだ良い…ていうかむしろ、大きな魅力のひとつだと(EVAのシンジ君やSEEDのキラのような感じ)豪語出来るんですが、いろんな意味ではじめから強さを感じられたアレスにまで弱られると悲しいですねー……
アレスなら、パンドラが居なくなっても、今の自分に出来ることを全力で行うと思っていた=武力以上に強い精神を持っていると信じていたので…;


うぅ、はやく9巻が読みたい…;

いつもなら読まずにとっておきますが
9巻は発売日その日に読みますよっ
じゃないと、こっちの心まで折れそうです


・結び2
あぁ
こんなにダメージ受けるなら
9巻発売まで読むの待てばよかったです;

一気に2冊を読んでしまうなんて
我ながら失敗しました

7巻はいつものように量ではなく
質で攻めてくる神クラスの敵だったのですよ?
それを倒したアレスやミーアの活躍にテンションが上がりきっていた矢先に、8巻のあのオチorz
心臓に悪いですよ………
…もっとも、8巻を発売日前後に読んだ人は、あのオチを知った状態で、約4ヶ月待ってるわけですから、それに比べれば何倍もマシなわけですが…

9巻発売まで約1ヶ月
なんとして気を紛わせないと



・結び3
1〜8巻を読み直しました
ところどころなので
読み直すというほどではないのですが…

やっぱアレスはいいなぁ
あぁもう完全に殿堂入りですよ殿堂入り
6,7巻あたりはほぼパンドラの助言無しで
戦闘してますしねもうっ
びっくりする必要なんてないのにっ
まったくっ
フフ…俄然、復活劇が楽しみに(ニヘラ



・結び4
シリーズ累計50万部突破!!!
(8巻帯より)
おめでとうございますっ!!!
20巻以上続くような息の長い作品になることを
日々祈っております!!!
次は、目指せミリオンヒット!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
火の国、風の国物語 7巻&8巻 《感想というかアレス関連の独り言》 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる