もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS 氷結鏡界のエデン 2巻 禁断水晶

<<   作成日時 : 2009/12/23 01:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆氷結鏡界のエデン
※ネタバレあり

氷結鏡界のエデン2 禁断水晶 (富士見ファンタジア文庫)
富士見書房
細音 啓


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




“氷結鏡界のエデン”の2巻読みました。
“花守の竜の叙情詩”2巻を読んだすぐ後に続けて読んだ為か、ちょっと文章の軽さが気になりましたが、かなりおもしろかったです。

アニメイトで購入したので特典としてショートストーリーが載ったペーパーが付いてきたのですが、そっちも中々おもしろかったですね。どちらかといえば、1巻の特典だったラブコメ話の方が良かったですけどw
こういうのって、のちのち短編とかに収録されたりするんでしょうか。現在進行形でハマってる私からすれば問題無いんですけど、後からハマった人からするともう見れないわけですよね…。うーん。複雑な気分。


以下、一言感想。



・シェルティス
1巻同様、
最強天然美少年のシェルティス。
不幸系巻き込まれツッコミも魅力です(笑

今回の冒険(?)を通じてただ守る為だけでなく、
巫女の痛みを知り、孤独と苦痛を理解して支えとなる…
3年前には気付けなかった、そんな千年獅の本当の意味を知ったシェルティス。
最後の病院でのユミィとの会話はとても良い雰囲気でした…

でもきっと。
エデンに落下せず順当に千年獅になっても。
モニカと仮に出会わなかったとしても。
レオン同様、シェルティスも千年獅の本当の意味に気付けたんだろうなぁ、と。シェルティスが自分を責めてる姿をみて思いました。挫折やユミィ・レオンとの離別を経験してない分、時間はかかったかもしれないけど。モニカに対して真剣な言葉を投げかけてるシェルティスの姿をみると、巫女として一生懸命なユミィに対しても、自然に気遣うことが出来たんじゃないかなぁ、と。

にしても、禁断水晶って一体…。
シェルティス。かなりやばい事に巻き込まれてるんじゃ…。



・ユミィ
天然系美少女なユミィ。
今回は出番が少なめ…だったかな??
見習い隊員1人1人に挨拶するってどんだけ優しいのユミィ
何の計算もなく、
ただ純粋に激励がしたいという心の美しさがまぶしいです

ていうか、ユミィに限らず主要メンバー全員天然で綺麗ですよね“氷結鏡界のエデン”
イリスが若干怪しいですが(笑
このままいつまでも生きて欲しいなぁ…

巫女との接触でなく、
シェルティスとユミィの接触こそがエルベルト共鳴を起こす…
この事実は、ユミィには非常に辛いですね……
目の前で別の巫女が触れ合ってるをみせつけられるって拷問ですか
いつか手を繋ぐ日がくるんでしょうか…



・モニカ
新キャラにして新ヒロイン。
ユミィが守られる系のヒロインなら、
モニカが共に戦う系のヒロインですね。
巫女が望む千年獅の意味をシェルティスに教えた2巻のキーパーソン。
今巻は、確かな実力を持ちながらも欠点の為、落ちこぼれ扱いされてた彼女が成長する物語でもありました。3巻では新設部隊の隊長になるみたい(?)ですね。モニカには、シェルティスと共に塔を登り詰めて欲しいです…。

…ただ、
“氷結鏡界のエデン”は明らかに主人公とメインヒロインがくっつく流れができてるので、片思い全開なモニカがちょっと不憫…



・結び
派手な急展開がなかったぶん、
ちょっと1巻よりもパワーダウンした感じがします。
モニカが3年前の彼=シェルティスとおぼろげながらも気付く展開が、もっと劇的だったら、物語に引き込まれたかもしれません…もったいないっ。

3巻はついにシェルティスやレオンクラスの実力者(もしくはそれ以上)が登場するとか。
強敵出現=主人公の成長=感動の人間ドラマ発生!の図式がココに!?
楽しみに待ちたいと思います

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
氷結鏡界のエデン 2巻 禁断水晶 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる