もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS 花守の竜の叙情詩 2巻

<<   作成日時 : 2009/12/22 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆花守の竜の叙情詩
※ネタバレあり

花守の竜の叙情詩2 (富士見ファンタジア文庫)
富士見書房
淡路 帆希


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




待望の“花守の竜の叙情詩”の続刊が刊行!!!
発売日に買って家に帰ってすぐ読みましたよ!!!
最高におもしろかったです

変に数年後とかじゃなく、
1巻から地続きなところからして嬉しいのに、
銀竜のテオは不老不死(に近い)状態!!!
物語冒頭から最高に好きな要素が詰まってるので、
ページをめくる手がとまらないとまらない…!!!

1巻のロザリーのような、
アッっと驚く予想外の展開が無かったのが残念でしたが、
それ以外は非常に楽しめました。

この調子で3巻(=最終巻)も最高におもしろかったら、
私が今まで触れてきた物語の中でもベスト5に入る作品になるかもしれません…っ!!!っていうか、なって欲しい
非常に期待して3巻の刊行を待ちたいと思います


以下、一言感想。





・テオ
人間の姿に戻れて良かった…;
いやほんとに;

ずっと銀竜のままなのかなぁ…と、1巻読んだ後に心配で心配でたまらなかったんですが、人間の姿に戻ってくれて嬉しいです。やっぱり、人の姿で幸せになって欲しいですから…。完全に人間に戻るだけじゃなく、不老不死(に近い)で銀竜の力を宿しているのも非常に高ポイント 姿こそ元通りなのに、銀竜としての制約は未だ健在で、愛する人達の下に戻れず、悪魔を狩る使命を全うしなくてはならない悲劇が最高です; 永遠を生きる…これ以上にかっこよくて悲しい素敵な要素は滅多にありません…

あーでも。
もし3巻がハッピーエンドなら、全ての問題が解決するわけですよね…
キャンディッド(≒ロザリー)を倒して悪魔の増殖を止め、
残った悪魔も一掃する…
すると使命から解放されテオは銀竜ではなくなる=不老じゃなくなる…

うぁ・・・
テオとポーラには絶対幸せになって欲しいけど、
永遠を生きるテオが大好きなのも事実…
すごい複雑な気持ちです…

おばあちゃんになったポーラとエレナの下に、
神から解放されたテオがあの頃の姿のまま戻ってきて、残り少ない時間を3人で幸せに生きる…とかそんな感じのエンディングになっちゃいそうで怖いです…

2巻終了時の状態のままのテオが、悪魔残党を狩りつつ、いつか解放される事を願いながら、ポーラやエレナと幸せに暮らす… そんな感じの結末だと、私的には嬉しさ極まれりなんですが…どうでしょうか。無理…かなぁ…。厳しいですよねぇ…はぁ


ポーラとガエタノと口付けを阻止してくれたのも、
とても嬉しかったですね。



・アマポーラ
ポーラぁぁぁぁぁぁぁぁ;
記憶がっ
記憶がぁぁぁぁぁぁぁ;

姿だけとはいえ、せっかくテオが人に戻れたのに、ポーラが記憶なくしちゃうとかどんだけ悲劇なんですか 簡単に幸せになれないのが辛いところであり、“花守の竜の叙情詩”の魅力ですね…

多くの人からの求婚を断って、
ただひたすらテオのことだけを想い続けたアマポーラの一途さが素敵過ぎてもう…
本当に凄くて、本当に好きですアマポーラ;


ガエタノと結婚とか、読んでて物凄い腹立ちましたよ、ええ…。
もちろんポーラにではなくガエタノに。
アレだけはっきり拒否してるのに、
しつこすぎる…っ
しかもポーラ本人じゃなくポーラの歌声とそれによって得られる金や地位が目的とかふざけるのも大概にせんかい
…まぁ本気で求婚されてもそれはそれでムカムカするわけですけどね。

ポーラと無理やりキスしようとした時が怒りの頂点でしたよ、ええ?
テオの怒りから本気度が感じられて良かったですけど…
未遂でよかったですけど………



・エレナ&その他
1巻に比べると出番の減ってしまったエレナですが、
相変わらずキーパーソンです…。
ここぞというときに彼女の存在、一言が人の気持ちを揺り動かす……
「テオはばけものじゃないもん! エレンのお父さんだよ!」
ココは特にやばかったですよぅ;


ジレーザ。
最初の銀竜にしてテオの頼れる先輩。
2000年を生きる彼も、昔は待ってくれてる人達が居たんだなぁと、感慨深いです…


ラシェル。
2人目の銀竜。
最愛の弟の為に銀竜となるもその弟の記憶を対価に人の姿を取り戻した女性。エパティークのご先祖様。
積極的に人界と関わる彼女の信念が好きですね…


ダリオ王。
グリゼルダの為に自分の責任と向き合う姿に感動;
ポーラをガエタノから救ってくれるし、賢王と呼んでいいのでは;


キャンディッド。
ついに現れた最初の悪魔。
ロザリーを喰らい済みとは、やってくれます彼女…。
またテオとロザリーの絡みがみれるわけですか…
物語としては楽しみですけどテオからしたら最悪なのでは…



・結び
なにげにイラストもパワーアップしてましたねー。
白黒だと微妙な気もしますが表紙等のカラーイラストはめちゃくちゃ綺麗。花嫁衣裳着て涙するアマポーラのインパクトは秀逸です

あとがきでの作者さん曰く次の3巻が最終巻だとか。
どんな結末になるにせよ、
この作者さんなら凄い綺麗に物語を纏めてくれそうなので激しく期待してます。
ハッピーエンド?
それとも……………

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
花守の竜の叙情詩 2巻 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる