もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS 花守の竜の叙情詩

<<   作成日時 : 2009/09/19 08:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆花守の竜の叙情詩(リリカ)
※ネタバレあり

花守の竜の叙情詩 (富士見ファンタジア文庫)
富士見書房
淡路 帆希


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




・心に残る一作でした;

花守の竜のリリカ、読みました。
ここ数日、暇さえあれば“幻想譚グリモアリス”の良いところや不満なところばかりが、頭の中で駆け巡ってたんですよ。理解が足らないなと思ったら、ちょっと読み返して吟味しちゃったりとかも…。でも、このままじゃ良くないなぁとか思い、新作に手を出してみたら・・・・・


おもしろい…!


最高におもしろい、素敵な作品に出会ってしまいましたよ;


これほどまでに心が揺さぶられた作品は久しいです。
年単位で追っかけてる作品を除けば、4月に読んだ“バクト!”以来・・・約5ヶ月ぶりの大当たりですね。中古100円だったので、なんとなく買ってみたんですが、素晴らしいお宝に巡り会えました。本屋なりメイトなりで買って、売上に貢献しなかった自分が情けないっていうか、これから新品買ってきますね



この作品。
キャラの内面や、状況の描写。場面の移り変わりや世界観。どれも、くどくならない程度に丁寧に説明されてるので非常に読みやすかったです。頭の中にイメージが自然と湧いてきてかつと全く止まりそうにない感じはじめの5,6ページ読んだ後からは、ただただ世界観の虜になってましたこの作品のような地の文章、構成が小説の理想だと思います私的に。



・エレン
エレン・・・・
第一印象は常に笑顔でいられる天真爛漫な少女と思いましたけど・・・・・・・本当の彼女は…;

追い剥ぎの村での野盗騒ぎの際の彼女の涙にはやられました。
追いすがっても足蹴にされ突き放される。
そんな辛い現実を味わうくらいならいっそ自分から………
アマポーラに抱きしめられて、本気の気持ちをぶつけてもらった時は、他人には想像出来ないくらい嬉しかったんだろうなぁ・・・;




・アマポーラ
お願いしますハッピーエンドにしてくださいホント
あれだけ辛い思いしてきて、やっとのことで最後に最高の幸せを手に入れたと思ったらアノ展開…読んでるこっちも辛いよ切ないよ;

…そりゃぁ、不幸ってわけじゃないですよ?本当の家族以上の、強い絆で結ばれたエレンがいますし…セルジオとデボラとの暮らしは、王宮生活とはまた違った安穏とした日常なわけですもんね…。失ったものは多いけど、得たものは大きい。物語の流れ的にも、ある意味、綺麗に完結しているわけですから、こっちのが良いと思う人も居るでしょうよ・・・・・・。

でもでも。
そういったの踏まえた上で、テオとポーラには幸せになって欲しい。
はじめこそ反発し合ったものの、旅を通じて、世界中の誰よりも心を通わすことが出来る絆を育んだわけじゃないですかっ。互いが互いを変えて、成長して、お互いにとって幸せを共有できる素敵な存在になったわけじゃないですか。なれば、2人が一緒に居られることこそが、何者にも変え難い最高の幸せでしょうよ;
独りにしないでとすがりながらも、何年でも何十年でも何百年でもずっと想い人を待つ覚悟を行動と共に示した彼女にどうか幸せを…




・テオバルト
テオ・・・・・・・・・。
まずい・・・・・・・・・。
まずいよ・・・・・・・・・。
大好きすぎて言葉が出てこない・・・

こういう、テオみたいな、辛い過去(体験)と常に悪意を向けられる環境にありながら、なお腐らず他人(大切な人)の為に全身全霊をかけて動いてしまうタイプ・・・・・大好きなんです・・・・・
なんであんなに真っ直ぐでいられるんだろう。
自分の命かけてまで、どうしてそこまで…

挿絵つきの、ポーラに向けた最初で最後の笑顔は胸にきました…
アマポーラ。君に、上手く笑えただろうか。
谷に身を投げてるんですよ?
銀竜伝説が正しい保証なんてどこにもないんですよ?
ロゼリーの事を諦めなければいけないんですよ?
にも関わらず、ポーラに対して笑顔が届いたかどうかを願ってる・・・。どこまで素敵なのさ;



それにしても、
最後のロゼリーのくだりは・・・・・・・・・驚きました。
まさか彼女が・・・・・・

個人的には大好きな部類なんですけど、テオからしてみれば、想像を絶する現実を目の当たりにさせられたわけですよね・・・・・・・世界で一番大切な人を殺めたのが、生涯を懸けて守ろうと願った愛しい妹・・・・・・母の遺志を継いだ筈が、その実は妹の進む道を惑わせて・・・・・・・・重たいなぁ




・続編希望ちゅう!!!!!!!!
・・・1巻で完結の短編(??)ぽいですけど、
ここで終わりは悲しいです・・・・・・・・・・・・。

シリーズ化とまではいかなくても、後一冊。
ううん、一冊じゃなくてもあと一章。
ドラマガの読みきりとかでも。
後日談として、2人が結ばれてエレンと3人で暮らしていく物語がみたいです・・・・・・。5年後ぐらいで、月での悪魔との戦いを終え、使命を果たしたテオが、人としての幸せを手にする・・・そんな結末を用意してくれたら嬉しいなぁ・・・・・・・・。
               

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
花守の竜の叙情詩 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる