もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS 火の国、風の国物語 6巻 哀鴻遍野

<<   作成日時 : 2009/05/10 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆火の国、風の国物語 6巻 哀鴻遍野
※かなりネタバレあり

火の国、風の国物語6 哀鴻遍野 (富士見ファンタジア文庫)
富士見書房
師走 トオル

ユーザレビュー:
ジェレイドが地獄に落 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



最っっっっっっっ高におもしろかったです

第二章からは、感動で、終始泣きっぱなしでした;
こぼれた涙で、本がふやけないように、配慮するのが大変でしたよ…

以下、一言感想。





このシリーズ。
最新刊読むたびに、思うのですが、
全ての物語の中でも、最高傑作の1つですって

最高だ!って思える作品って、
トップクラスにおもしろいのは当然なんですけど、
それだけじゃなくって、
“衝撃”があるんですよね

物語の世界に引き込まれるなんてもんじゃくなくて、
まるで自分自身が登場人物と一体化してしまうというか…
全てのストーリー展開に一喜一憂せざるをえなくなるというか…
なんとも形容しがたい感覚です




アレス、クラウディア、ミーア、ヴェリック、バルディアス、ノーラッド
6巻は、この6人に何度、一喜一憂させられたことか…!!

アレス&クラウディアの鉄壁の布陣はいわずもがなですね
一挙一動が、見せ場です(ぇ
常に眼が離せない!
3者会談でのクラウディアの独壇場は圧巻でした
ジェレイドとカルレーンを手玉に取るって、どんだけ凄いんですか・・・
あまりに優秀なんで忘れがちですけど、
まだ13歳の少女なんですよね
良い意味で末恐ろしいです

アレスは、当然、ヴェリック&トルヴィスの救出からの一連の流れですね
物語の流れが、最高に高まった瞬間
誰もが救いを求めるその瞬間に、颯爽と現れる…
はぅ・・・
まさに英雄ですよねぇ・・・・・・

あの瞬間までに、何度はやくきてれと思ったことか!!!
満を持しての登場からの、
圧倒的な武勇は非常に魅力的

ただ一人からなる無敵の軍勢…
うーん・・・
なんて、説得力に溢れた言葉

次巻以降、ミーアと共に更なる大活躍をしてくれそうなので、
今から楽しみです


ヴェリックさん!!!!!???
意外な良キャラの登場ですよ!!!
ましてや、こんな素敵パパが仲間に加わってくれるなんて!!!
出番や見せ場が非常に多かったこともあり、
6巻では、ヴェリックに一番泣かされましたね;
救援に来たアレスに感情をぶつけるシーンは、
痛いほど気持ちが伝わってきましたよ・・・;

ミーアは、比較的見せ場も少なかったのですが、
ヴェリックがアレスに憤りをぶつけているところに、
割って入ったところが好印象です
コレは、アレスの前兆ですかっ!?
“お互いのことを知りたくなる”の第一歩ですかっ!?
7巻でアレスと相互理解を深めてくれそうな予感大なので楽しみです

レオンやエレナは、
6巻に限って言えば、そんなに出番が少なかったので、
なんともいえませんねー・・・
レオンは、おもっ苦しい4人組みの中でのアタフタっぷりで。
エレナはベアトリスとの絡みで。
それぞれ、笑わせてもらいましたけどw

ジェレイド・・・・・・・
ものすっごく複雑なんですよね彼に対する感情・・・・
ストーリーが最高に良いんで、
ジェレイドの気持ち・信念はたっぷりと伝わってくるんです。
事実、ジェレイド編では泣かされましたし・・・
ただ、仲間や民衆の為とはいえ、彼のやってる事が、アレスやヴェリックを苦しめていることが、どうにも・・・
普通にアレスと手を取り合ってくれれば・・・・・・


ノーラッドは、相変わらず素晴らしい騎士っぷりでした
彼のような騎士だらけなら、ベールセールも安泰でしょうに…
フィリップとか、思い出しただけでも、イライラしてきますよ
バルディアスや彼の部下の爪の垢を煎じて飲ませてやりたいッ!




・・・

・・・

・・・

あーあ。
今さらですが
7巻出るまで取っておこうと、
思ってたのに、思わず読んでしまったのがもったいない・・・

絶対に最高に楽しめるってわかってたので、
もっと気分が落ち込んでた時の為にとっておけば良かったかも…

例えるなら最後の切り札を真っ先に失った時のような、喪失感です
いや、この上ないほど楽しめたので、満足感はあるんですけど、そういった気持ちとは別の、寂しさが…

“バクト”の6,7巻を読まずにとっておいてよかった

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
火の国、風の国物語 6巻 哀鴻遍野 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる