もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS スパロボZ 《〜39話まで》

<<   作成日時 : 2008/10/28 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆スパロボZ

スーパーロボット大戦Z
バンプレスト
2008-09-25


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






久々にプレイ再開。
いつプレイしてもおもしろいです。
他のことに手がつかなくなるほど(汗
プレイしすぎて疲れたくらいです・・・・

アムロ駆るスーパーガンダムが頼りになります。
再攻撃で雑魚はもちろん、戦艦も落としてくれる!
回避率が高いので被弾もしない!
元祖NT主人公は伊達じゃありませんっ
Zガンダムも手に入ったし、戦力が全体的に充実してきました。
ちょっと前まで、ひいひい言ってたのに・・・。

☆なんとなく気付いたこと、感動したことの一言メモ(※ネタバレ満載)

☆29話
精神ポイントをしみなく使用して
可能な限り敵を落とし
SRポイントを取得!
撤退する敵もほぼ落として大満足!
これでステージクリア!
・・・
・・・
・・・
・・・と思ったら、ギンガナム隊が襲来・・・!!!!!!????
いやいやいやいやいや、
もうENも弾薬も尽きてるよ;;
しかも2大主力の片翼セツコは
イベントで遥か遠方に移動。
もう片方の主力、グラヴィオンは画面端で
しかも残りEN8・・・
敗北条件の戦艦たちは後方待機してたせいで
敵援軍のど真ん中・・・・
どうしろとorz

と、とにかく戦艦を行動済みの
皆のところに寄せて・・・
幸い、戦艦は使ってなかったから
HP・ENも満タン。

・・・あ、なんだ。
落ち着いて考えれば
反撃で敵のHP減らしちゃったりもできるのか!
・・・
・・・
あ、あれ・・・。
スエッソンに反撃したら
ツィーネが出てきてセツコの気力が50に・・・

ガナリーカーバーが;

ほんと今作は難易度が高い・・・
やり直そうかと何度おもったことか;

結果的には、普通に(?)クリアできました。
グラヴィオンをボスボロットの補給でEN満タンにし、
必中と鉄壁をかけて敵陣に一人放り込んだら
反撃で全て落としてくれました(なんて頼もしい

ツィーネだけセツコに飛んでいきましたけど
気力50でも機体はフル改造。
地形適応もSなので、なんなく回避。
機を見て援護攻撃を活用しながら撃破。
ボスとはいえ1体なら、
連続ターゲット補正もないので安心です。

ハイネの死・・・
原作よりもキラ達の介入による死亡、という演出が強いです。
ZEUTHのメンバーからすれば
アークエンジェルの行動は理解しかねるものですからね・・・
わけもわからず一方的に攻撃をしかけたと思ったら
何もせず颯爽と去っていく・・・。
ミネルバは多大な被害を被ったというのに・・・。

そしてハイネの死がもたらした影響も計り知れない・・・
トビーとの邂逅・・・
自分の弱さを改めて気付かされ涙するセツコ。
自分の気持ちを優先するあまり仲間へのフォローが
おろそかになったことを認識するカミーユ・・・。
もちろん他のメンバーもそれぞれ感じ入るものが・・・。
ほんと、先が気になるストーリーです。

トビー・・・。
生きていた・・・?
喜んでいいのですかこれは…!?
でも・・・
なにか、裏がありそうで素直に喜べない・・・
うーん・・・
なんでもいいから
セツコの為に、
帰ってきて欲しいな。

☆30話
ラクスとディアナ・・・。
カリスマを持った女性2人の邂逅。
後々、重要な意味を持ってきそうです。

スティングとアウルが凄い良い人になってる!
カミーユとフォウを逢わせるなんて・・・。
友達かぁ・・・。

アスランとアークエンジェル組。
互いの想いをぶつけあう
キラ・カガリ・アスランの3人。

アスラン「キラ・・・この間の戦闘は何だ?なぜ、あんな事をした?あんな・・・馬鹿な事を・・・」
仲間を、ハイネを失った怒りを込めて、そうキラに問うアスラン。
キラ「・・・・・・・」
みてきたもの。
そして、信じるものが違う今の彼らは
いくら言葉を交わしても、平行線のまま・・・。
そんな彼らの様子を、
ルナマリアとジョゼフは目撃する。
アスランとキラのやり取りを観ていたこの二人が
この後、どう物語に絡んでくるのか気になって仕方がない。
フランまで出てくるし、一体どうなるのか見当もつきません

シンとレイが友情で結ばれている!
協力してステラを助けようと・・・。
これは応援したい…!

フォウとエクステンデッド3人組・・・・・・・
ただ命令されたからじゃなく、
自分の意志で
仲間の為に戦う彼らを倒さなきゃいけないのか;
なんですかこのステージ、ホントもう・・・

アークエンジェルが登場。
ウズミの遺志・オーブの理念を守ろうと
カガリは呼びかけるが、伝わることはなく…
ZEUTHのメンバーにも
理想論と一蹴されます・・・。

キラ「でも、カガリは…今、泣いてるんだ!」
キラ「こんな事になるのが嫌で今、泣いてるんだぞ!なぜ君はそれがわからない!?」
キラ「なのに、この戦闘も、この犠牲も仕方がない事だって…」
キラ「全てオーブとカガリのせいだってそう言って君は討つのか!今、カガリが守ろうとしているものを!」
うぅ・・・。
今、か・・・・・・。
守りたいものが目の前で失われようとしている・・・
黙ってみていられるわけないですよ・・・・・・
たとえ理解が得られなくても・・・・・・
ダブルオーの刹那も「話している間にも、人は死ぬ」といってましたけど、
まさにここか・・・。
・・・とはいえ、そんな想いが
ラクス暗殺の事情も知らず
戦場でハイネを失ったZEUTHに伝わるはずもなく・・・

トダカ「死しても守らねばならないものを売り渡した以上、命を懸けねばならんのです!」
あー、トダカ一佐;
フォウ「さよなら、カミーユ…。最後にあなたとの思い出ができてよかった…」
フォ、フォウまで・・・・
このステージ、おかしいです・・・

兵左衛門「…使命に殉じる者、信じるもののために道を進む者…。そのためには手段も選ばず…か」
うん、この台詞が的を得ている・・・。
お互いの譲れないものの為に・・・。

☆31話
ガロード達のDXの試験テスト。
ホランドの新連邦への協力。
ヴォダラクのお坊さん殺害。
UNを通して得られる情報に
ZEUTHの、主に若いメンバーが不信感を募らせてます・・・。
・・・
・・・?
ちょっと待ってよみんな!
面識の無いキラ達の想いならともかく
フリーデンやゲッコーステイトのメンバーは
良く知ってるでしょ…!!!
活字の情報に惑わされないで…!!!
なんで・・・・・・
なんでさ・・・・・・

・・・今作、参戦作品間同士での絆が
今までより弱めに描かれていますね・・・・・・。
分岐も1つの集団を複数にわけるのではなく
複数の集団がそれぞれの思惑で、別個の道を選んでますし・・・。
なまじ各キャラの気持ちがしっかり描写されているだけに
非常に微妙な気持ちで、ハラハラしますよ・・・・・・。
あっちを立てればこちらが立たず・・・
こっちをたてればあちらが立たず・・・
困った;
終盤でお互いの気持ちが伝わることを願います

今、レーベンが気に入ってます!!
柔らかい物腰とは裏腹に戦闘中は非常に熱い人。
セツコと小隊を組ませなきゃ。

セツコがついにグローリースターを背負いました!!!
良いですね、絆…
未だわからないことだらけですが、
もう何も失わない覚悟を得ましたよ…!

☆32話
バルゴラの秘密・・・。
ガナリーカーバーがとんでもないみたい・・・。
機体じゃなく武器って新鮮です。

ランド!?
ここでも貴方が・・・

トビー・・・・・・・・・・・
はぁ・・・・・・・
やってくれますアサキム・・・

セツコがついに覚醒。
悲しみの力・・・・・・・
悲しみから怒りや憎しみに繋がるのじゃなく
あくまでも悲しみとしての力・・・・・・
セツコらしいですね・・・

声優さんの演技が素晴らしい。
今までのセツコと違って、
声に気合が入ってます。
機体性能も良好。

悲しみを止める為の戦い・・・
悲しみと向き合う事で生まれるもの・・・。

☆ルート分岐
味がしない・・・
人じゃなくなる・・・
展開が速いです・・・

☆33話
時空が壊れる・・・(?)

資金が溜まってきて
多くの機体に改造を施せるようになってきたので
SRポイント取得が楽になってきました。
全滅プレイが出来れば、
SRポイントも相当簡単に取れそう・・・。
次回作あたりで、そんなシステムに変更されないかな。
大暴れしつつポイントも取得させて!

☆34話
ディアナ様がミーアやラクスの正体について
感づき始めている・・・。
月の女王様は流石です。

っ!?シロッコが、直接乗り込んできた!!
目的はディアナ・ソレルの確保。
大将自ら馳せ参じますか・・・。
なんか、今までのシリーズで一番かっこいいシロッコですよ。
Gジェネみたいに、ゲストキャラで仲間にならないかな。

☆35話
シン「答えられないだろ!」
シン「デュランダル議長は俺のこと、わかってくれましたよ」
シン「あなたの言う正しさが全てじゃないって事ですよ」
ベターな方法を示せないアスランやカミーユには何もいえません・・・
なまじシンの気持ちが理解できるだけに余計に・・・
それにしても、なんでこんなに相手の気持ちを逆撫でする物言いになってしまうんでしょうシンは・・・
相手の沈黙が、自分の気持ちを汲んでくれてることだということに気付く日はくるのでしょうか・・・
カミーユ「議長が認めれば、それは正しい事なのか」
カミーユが怒ってくれたとが救いです。

☆36話
えぇっ!?
ZEUTHが2分されて対立・・・・・・
あぁ、出来ることならガロード達に味方したい心情。

アムロ「誰がわるいわけでもない、これが戦争なんだ」
うぅ、それは、そうだけど・・・・・・

賢人会議の公表
クワトロのデュランダルへの警戒
多元世界の崩壊
色々と、きなさくさいです。

☆37話
シン・カミーユ・セツコ・・・・・・・
VSフリーダムのシミュレーション・・・
それ自体はともかく、なんでそういう・・・
もぅ・・・
ツィーネ「力ある者や周囲の空気に影響されて考えも無しに行動する・・・。それこそ人間の本質じゃないの?」

ブラッドマンの演説。
ちょ、ちょっと待ってって!!
アークエンジェル&もう片方のZEUTH組が、新連邦の駒なわけがないでしょう!
金銭目的!?
甘っちょろい理想論!?
何をいってるのさ!?!?
強いていうならむしろ、
デュランダル議長に踊らされてるこっちの方に問題がありますって!
あぁ・・・なんでこんなにすれ違うのさ・・・・・・・

☆38話
・・・・・・
じょ、冗談じゃない・・・・
あ、あまりの展開に言葉もありません・・・・・・
なんで、こんなことに・・・・・・・・・
いつものスパロボなら、
誰かしら・・・・
アムロとかブライトとかが、状況の不自然さに気付くのに・・・
相手への一定の理解を示すのに・・・・・・・・・・
互いに信念を貫くというよりも
自分の主張を声高に叫ぶだけで、
相手の心に触れる気持ちが無いようにみえます・・・
なんなの・・・・

あ・・・アムロが、戦闘セリフで違和感を感じ取ってる・・・
え、操られている?
誰かに仕組まれた??
誰!?

フォウがきた!
よかった、生きてた・・・
少しくらい救いがないとやってけません・・・。

ブリーフィング。
やっっっっと!
やっと、誤解が解け始めました。
よかったよ・・・。
このままいがみ合った状態でストーリが進行したら
精神衛生によくありません

互いに争わせるって・・・
犯人は誰だ・・・
相当な大物っぽいです・・・。
シロッコでは無いと思うのですけど・・・。

憎しみで戦ったことを反省するシン。
やっぱり原作より良い子になってます。
これなら、アニメ版のラストの和解にも綺麗に繋がりますね。
このまま成長してお願い!
レイや議長の言葉に惑わされずに!

☆39話
ついに抗体コーラリアン登場。
強いです。
回避しきれない!
照準値が200近くあるなんて反則だよ・・・。
5段階も改造してない機体じゃとても突撃なんて出来ません。

黒のカリスマ・・・・・・・
肩幅とか言ってることがアサキムっぽいです
・・・ぽいんですが、なんか違う。
仮面つけて行動するようなキャラじゃないし
何より口調から感じる雰囲気が・・・
意外なあの人が!とか止めてくださいよホント。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
スパロボZ 《〜39話まで》 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる