もきゅるの、胸を張る為に。

アクセスカウンタ

zoom RSS スパロボZ 《プレイ開始》

<<   作成日時 : 2008/09/26 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆スパロボZ

スーパーロボット大戦Z
バンプレスト
2008-09-25


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






スーパーロボット大戦Zをひたすらプレイ中。
半端なく面白いです。
まだ、8話ですが、もう自分の中では神ゲーです。
随所随所で、感動してます。
戦闘シーンも、ストーリーも、システムの快適さも・・・。


☆なんとなく気付いたこと、感動したこと(※ネタバレ満載)

・システム
全体的に、ロードが非常に早い。
OGSでは、戦闘開始前に若干の待ち時間がありましたが
Zではコマンド選択後、すぐに戦闘画面に。
体感では、携帯機と、さしたる差は無いですね。
今までの据え置きスパロボでも、最速なのでは。

マップ上のロボ表示が、2頭身のドット絵。
α外伝以来(?)
アニオタとして、ドットは嬉しいですよっ。

追記:名に言ってるんだ自分(汗
    αシリーズは常にドットだよ・・・

同じ技でも、地上と宇宙では違う演出に。
トドメをさせるときは、専用の演出に(Wと一緒)
地上のキャラ→空中のキャラへの攻撃が、敵が居る方向に向かって行われる。
なんというか、「凝って」ますね。
こだわりが感じられます。

敵を倒した時の爆発シーンがあっさりしてる。
いつもの派手な爆発よりも、演出が短くて気に入ってます。

・ストーリー(リアルルート)
グローリースターズ、最高です・・・・・・・
シリアスとギャグの使い分けが絶妙。
セツコの悩みながらも、前に進もうと頑張ってるところが健気。

インパルス発進シーンが、カッコイイ…!
メイリンのナビゲートに、空中合体。
原作よりも、カッコよかったですよ。

カミーユ!
彼を、こんなに育てたい欲求に駆られたのは初めてです。
今のところ、mkIIがとても似合ってます。

ザンボットとダイターンが、新鮮なストーリー展開ですね。
原作は観たことないのでわかりませんが、両方とも、原作の冒頭(?)を
再現してる雰囲気です。
ブッチャーが、こんなに大物に見えたのは始めて。

グ、グラヴィオンが6話でもう登場!?
予想外の速さ。
合身シーンが、原作まんま(パイロットのカットインは無い)ですね!
インパルスもそうでしたが、再現度が高い。

連邦軍が、嫌らしい…!
スパロボだとお約束ですが、なんでそんなに自己保身ばかりなのっ
セツコ達がどんな想いで、戦ってると思っているんだ…!?

グラヴィオンのメイドが、勢揃いしてる(?)
サブキャラはたいてい、何人か削られるのですが
相当数そろってますよ!

7話の勝平と町の人に対する憤り、とても印象に残ってます。
およそ戦争(戦い)がストーリーに絡む物語には、多かれ少なかれ
似たようなエピソ−ドがありますが、毎回考えさせられます。
思わず涙が;

8話のユニウスセブン落下阻止を、カミーユやクワトロが助力に出るのにも感動です。
作品の枠を越えた、共闘・・・。
基本にして最大の魅力ですよホントに;

それにしても、8話・・・・・・
色々な勢力が入り乱れまくってます。
敵の数が半端ない…!!!
配置も絶妙な上に、ターン制限まであるってこれいかに;
ファミ通のインタビューで寺田プロデユーサーが
SRポイントを取り続けると難しくなる、というようなことを仰ってましたが
こういうことですか!?
お気に入り意外には経験値を与えない戦術では、
SRポイント取りつつ、敵を全滅させるのは不可能のようですね(汗

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ティアーズ・トゥ・ティアラ-花冠の大地- PORTABLE|AQUAPLUS
スパロボZ 《プレイ開始》 もきゅるの、胸を張る為に。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる